楠原映二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楠原 映二(くすはら えいじ、1947年1月2日[1] - 2010年4月23日[2])は、日本の俳優。長年、イギリスで活動していた。

来歴[編集]

東京生まれの北海道育ち。北海道岩見沢東高等学校を卒業後、多摩美術大学に入学[2]

東京キッドブラザース」などでの海外公演の経験をきっかけに、1975年にイギリスへ移住。

「Lumiere & Son Theatre Company」の数多くの舞台に出演し、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーなどでも活動。

後に、現地テレビ番組にも進出、BBCの『Tenko』では、レギュラー出演を果たした。

ロンドンを本拠地とする日本人俳優の劇団「一座」の一員であった[3]

1990年代には、『HELLO LONDON』『英国生活』というフジテレビ系情報番組(全編ロンドンロケ)でプレゼンターを務め、現地から流行や文化を日本に発信した。

がんのため、63歳で死去[2]

代表的な出演作[編集]

映画

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連人物[編集]