北振バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北振バス株式会社
HOKUSHIN BUS
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
715-0019
岡山県井原市井原町700番1
設立 1989年1月
業種 陸運業
法人番号 3260001018112 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
旅行業他
代表者 代表取締役 吉本 邦久
資本金 2,000万円
従業員数 48名
外部リンク http://www.hokushin-bus.com/
テンプレートを表示

北振バス株式会社(ほくしんバス)は、岡山県井原市に本社[1]を置くバス事業者である。

概要[編集]

本社のある井原市の他、小田郡矢掛町高梁市(弥高山入口線、佐屋線のみ)、広島県福山市にバス路線を有している。乗合バス16両、貸切バス16両を所有。PASPYHarecaなどのICカードは使用できない。

元々は井笠鉄道の子会社で、井笠鉄道が過去に運行していた井原 - 共和・弥高山入口線、山野田原線、佐屋線、三山・黒萩線や矢掛 - 宇戸谷線、三山・平谷線等の過疎バス路線を引き継いで運行している。2012年9月に、井笠鉄道の資本から離れ独立[2]した。2012年11月1日からは、井笠鉄道が運行していた井原あいあいバスの運行を引き継いでいる。

2018年3月31日、経営難から矢川線の運行区間を短縮し、路線の一部(田原~矢川 間)廃止を行った。この事から矢川線は田原線に名称が変更された[3]

親会社であった井笠鉄道は2012年10月31日をもってバス事業を終了したが、北振バスは前述の通り資本と経営を分離したことで連鎖倒産を免れたためバス事業を継続した。以降、井笠鉄道のバス事業を承継した井笠バスカンパニーや、その親会社である中国バスおよび両備ホールディングスとの資本関係はない。

北振バス専用の回数券のみ使用できる。 PASPY・岡山県共通バスカード・井笠バス専用バスカード(販売終了)は井笠鉄道の子会社時代も使用できなかった。

本社などの所在地[編集]

ナンバープレート[編集]

配置車両のナンバープレートは以下の通り。

現行営業所・車庫[編集]

  • 本社(井原バスセンター)
    • 岡山県井原市井原町700番1
  • 矢掛車庫、観光課(矢掛バスセンター)
    • 旧井笠鉄道矢掛駅 → 井笠鉄道矢掛自動車営業所 → 井笠鉄道笠岡自動車営業所矢掛車庫
    • 岡山県小田郡矢掛町東川面950番地8
  • 美星車庫
    • 岡山県井原市美星町大倉(美星国保診療所前)
  • 共和車庫
    • 岡山県井原市芳井町上鴫
  • 村入車庫
    • 岡山県井原市芳井町東三原
  • 弥高山入口車庫
    • 岡山県井原市芳井町東三原
  • 佐屋車庫
    • 岡山県高梁市川上町仁賀佐屋東
  • 加茂車庫
  • 山野(下市)車庫
    • 広島県福山市山野町山野
  • 山野(田原)車庫
    • 広島県福山市山野町山野

主なターミナル[編集]

主要駅、バスのりば[編集]

広島県福山市
岡山県井原市
  • 井原バスセンター
    旧井笠鉄道・井原駅。現在は井原市が保有し、北振バスが指定管理者となっている。
    2015年に全面改築され、のりば1ヶ所、降車場2か所となり、専用の待機スペースが新設された他、井笠バスカンパニー笠岡営業所井原車庫も所在する。
    案内所では、定期券・回数券の販売を行っている。
  • 井原鉄道井原駅
  • 井原市役所芳井支所
  • 井原市役所美星支所
岡山県小田郡矢掛町
  • 矢掛バスセンター
    旧井笠鉄道・矢掛駅。井原鉄道矢掛駅とは離れた位置にあるが、現在でも「矢掛駅」の看板を掲示してあり、地元ではこちらをその呼称を使う人がいる。
    ※井笠バスカンパニー発足後、車庫が移転した井笠バスカンパニー便は「東川面」にバス停の名称を変更して乗り入れている。
  • 井原鉄道矢掛駅

過去に乗り入れていた主要駅、バス乗り場[編集]

路線[編集]

一般[編集]

井原バスセンターに停車中の路線車(日野リエッセ・ジーンズラッピング仕様)
井原 - 共和・弥高山入口線
  • 井原バスセンター - 井原鉄道井原駅 - 市民病院前 - 与井 - 芳井支所前 - 共和 - 村入 - 弥高山入口
  • 井原バスセンター - 井原鉄道井原駅 - 市民病院前 - <与井/簗瀬> - 芳井支所前 - 共和
    • 平日かつ登校日の一日一往復のみ簗瀬経由で運行。
井原 - 山野田原線
  • 井原バスセンター - 井原鉄道井原駅 - 市民病院前 - 与井 - 芳井支所前 - 山野下市 - 山野田原
    • 一部の便は芳井支所前で乗り換え。
井原 - 佐屋線
  • 井原バスセンター - 井原鉄道井原駅 - 市民病院前 - <与井/簗瀬> - 芳井支所前 - 佐屋
    • 学校登校日の朝の佐屋発井原バスセンター行一便のみ簗瀬経由で運行。一部の便は芳井支所前で乗り換え。
井原 - 三山・黒萩・宇戸谷線
  • 井原バスセンター - 井原鉄道井原駅 - 市民病院前 - 興譲館高校前 - 田輪 - 谷山 - 美星産直プラザ - 美星支所前 - 下田 - 黒萩
    • 平日・土曜日一日一往復のみ黒萩まで運行、また平日朝の美星支所前発井原バスセンター行一便のみ谷山 - 田輪間を直行。
  • 井原バスセンター - 井原鉄道井原駅 - 市民病院前 - 興譲館高校前 - 田輪 - 谷山 - 美星産直プラザ - 美星支所前 - 下田 - 宇戸谷
    • 平日のみ運行。矢掛 - 宇戸谷線が2014年9月30日で廃止になったことにより、美星支所前 - 宇戸谷間を延伸した。
矢掛 - 三山・平谷線
  • 矢掛 - 井原鉄道矢掛駅 - 美砂橋 - 下田 - 美星支所前 - 美星産直プラザ - 平谷
加茂 - 田原線
  • 加茂支所前 - 芦原 - 粟根 - 苅光 - 山野下市 - 山野田原
フジグラン - 田原線
  • フジグラン前 - 中国中央病院 - 正戸山 - 加茂昭和橋 - 加茂小学校前 - 芦原下(県道) - 粟根 - 苅光 - 山野下市 - 山野田原
    • 2018年3月31日までは、山野田原以遠の矢川まで運行を行っていた。
フジグラン - 広瀬中学校前・楠田線
  • フジグラン前 - 中国中央病院 - 正戸山 - 加茂昭和橋 - 加茂小学校前 - 芦原下(県道) - 粟根 - 苅光 - 広瀬中学校前 - 楠田
    • 平日のみ運行。

コミュニティバス(受託運行)[編集]

井原市内循環バス

過去の路線[編集]

矢掛 - 宇戸谷 - 備中高梁線
  • 矢掛 - 井原鉄道矢掛駅 - 上高末 - 鬼ヶ嶽温泉 - 宇戸谷 - 備中高梁駅
    • 井笠鉄道から引き継いだこの路線も、2004年9月30日をもって宇戸谷 - 備中高梁間が部分廃止された。
    • 2014年9月30日をもって矢掛 - 宇戸谷間も廃止となり、代わりに井原 - 美星線が、美星支所前 - 宇戸谷間を延伸した。
フジグラン・加茂支所 - 矢川線
  • 山野田原 - 田原診療所 - ほたる橋 - 山野原谷下 - 矢川
    • 井笠鉄道から引き継いだ路線であったが、2018年3月31日をもって山野田原 - 矢川間が部分廃止された。
    • 木曜日の一部の便のみが田原診療所経由としていた
    • 2018年の部分廃止によって、これ以降、終着場であった矢川集落は交通難民となる事を余儀なくされた[4]

車両[編集]

いすゞ自動車日野自動車三菱ふそう製の車両を保有。

車両番号について[編集]

車両には、1台ごとに車両番号と呼ばれる番号が付与されている。車両にはアルファベット1文字と3桁・もしくは4桁(井笠鉄道からの移籍車)の番号が付けられており、以下の法則に基づいている。

例:Z001

Z 0 01
メーカー 年式 固有番号
  • メーカー
    F…三菱ふそう
    H…日野
    Z…いすゞ
    N…日産
    T…トヨタ
  • 年式
    年式の西暦の下2桁
  • 固有番号
    1桁で年式別の連番
    井笠鉄道からの移籍車は2桁になり、井笠時代の年式別の連番

主な車両[編集]

路線車

  • 日野リエッセ
    • 前扉車と、前中扉車の両方在籍している。
    • 前扉車のうち2両は、井原特産のジーンズをイメージしたラッピングを施している。
    • 前中扉車のうち4両は、井原市内循環バス(井原あいあいバス)塗装。
  • 三菱ふそうローザ

貸切車

中型貸切車

小型貸切車

過去の主な車両[編集]

路線車

貸切車

  • いすゞスーパークルーザー(富士重7S架装)
  • 日野セレガ(富士重7S架装)
  • 日野セレガGJ
  • 三菱ふそうエアロバス
    • 全て井笠鉄道からの移籍車

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年10月1日に高梁市の合併に伴い同路線の補助金が同月より廃止されたため。

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]