井原あいあいバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井原あいあいバス(いばらあいあいバス)とは、岡山県井原市で運行するコミュニティバス。13路線が運行されている。

井原地区の7路線の運行は北振バスに委託されている。

芳井地区の阪谷朗廬線以外の2路線と美星地区の3路線はスクールバスの間合い運用である。

北条早雲線(井原駅前にて)
井原バスセンターに停車中のあいあいバス(手前)

なお、井原市に合併前の自治体にて運行していて、合併後に井原あいあいバスに取り込まれた自治体バスについても、後で述べる。

概要[編集]

  • 料金は大人100円、小学生以下は無料。
  • 北振バスへ移管に伴い、井笠鉄道の回数券・岡山県共通バスカード(井笠鉄道発行分)・井笠バス専用バスカード(販売終了)が使えなくなった。

沿革[編集]

現行路線[編集]

  • (停留所名)は一部の便のみ停車。<停留所名/停留所名>はどちらかを経由。

井原地区[編集]

  • 井原市街地循環便(旧田中美術館線)
    • 井原駅田中美術館 → 市民病院前 → 井原高入口 → いばらサンサン交流館 → 中央病院前 → 図書館 → JA岡山西 → 井原バスセンター → 井原駅
      • 全便が嫁いらず観音線または馬越恭平線との直通便となる。いばらサンサン交流館は平日・土曜の一部便のみ経由。
  • 嫁いらず観音
    • 井原駅 → 市民体育館 → 嫁いらず観音子守唄の里高屋駅 → 匠住宅 → スターハイツ → 宮の端 → 山王口 → 井原駅
      • 平日・土曜13:55・日曜11:55以前の便は井原市街地循環便 → 嫁いらず観音線の直通便、平日・土曜13:55・日曜11:55以後の便は嫁いらず観音線 → 井原市街地循環便の直通便となる。
  • 馬越恭平
    • 井原駅 → 山王口 → 宮の端 → 県主小学校 → 木之子中学校 → 早雲の里荏原駅田中生誕地 → 興譲館入口 → 七日市 → 井原駅
      • 12:00以前の便は井原市街地循環便 → 馬越恭平線の直通便、12:00以後の便は馬越恭平線 → 井原市街地循環便の直通便となる。
  • 北条早雲
    • 井原駅 → 七日市 → 興譲館入口 → 田中生誕地 → 早雲の里荏原駅 → 荏原小学校 → 法泉寺 → 興譲館高校 → 井原中学校 → いばらサンサン交流館 → 田中美術館 → 井原駅
  • 野上線
    • 井原駅 → 田中美術館 → 市民病院前 → 井原高入口 → いばらサンサン交流館 → 井原中学校 → 興譲館高校 → 法泉寺 → 黒木公民館 → 細見 → 青野校前 → 神戸 → 興譲館高校 → 井原中学校 → いばらサンサン交流館 → 井原高入口 → 市民病院前 → 井原バスセンター → 田中美術館 → 井原駅
      • 月曜日・木曜日のみ運行。
  • ぶどうの里線
    • 井原駅 → 田中美術館 → 市民病院前 → 井原高入口 → いばらサンサン交流館 → 井原中学校 → 寺戸 → 正覚院 → 稗原 → 青野校前 → 寺戸 → 興譲館高校 → 井原中学校 → いばらサンサン交流館 → 井原高入口 → 市民病院前 → 井原バスセンター → 田中美術館 → 井原駅
      • 火曜日・金曜日のみ運行。
  • 子守唄の里線
    • 井原駅 → JA岡山西 → いばらサンサン交流館 → 井原高入口 → 市民病院前 → 市役所前 → 市民体育館 → 嫁いらず観音 → 子守唄の里高屋駅 → 高屋小学校 → 子守唄の里高屋駅 → 嫁いらず観音 → 山王 → 山王口 → 市役所前 → 市民病院前 → 井原高入口 → いばらサンサン交流館 → JA岡山西 → 井原バスセンター → 井原駅
      • 水曜日・土曜日のみ運行。

芳井地区[編集]

スクールバスの間合い運用であるため、運休となる場合がある。

  • 天神峡線
    • 芳井マーケット → 芳井支所 → 天神 → 郷 → 本池谷 → 赤迫 → 美園 → 井ノ頭 → 戎橋 → 芳井マーケット → 芳井支所
      • 月曜日・水曜日・木曜日のみ運行(ただし祝日は運休)。
  • ごんぼう村線
    • 芳井マーケット - 芳井支所 - 芳明橋 - 石田 - 加谷 - 八日市 - 石田 - 明治
      • 火曜日・金曜日のみ運行(ただし祝日は運休)。

美星地区[編集]

美星地区は全便土曜日・日曜日・祝日運休。スクールバスの間合い運用であるため、運休となる場合がある。

  • 黒木・星田線
    • 美星支所前 → 美星診療所前 → 美星産直プラザ → 美星診療所前 → 木野山 → 百町 → 黒木公民館 → 百町 → 西星田公民館 → 八日市 → 平松 → 美星産直プラザ → 美星診療所前 → 美星支所前
  • 黒萩・八日市線
    • 美星産直プラザ → 美星診療所前 → 美星支所前 → 下田 → 黒萩 → 城平 → 八日市 → 加谷 → 城平 → 向組 → 美星産直プラザ → 美星診療所前 → 美星支所前
  • 鬼ヶ嶽線
    • 美星産直プラザ → 美星診療所前 → 美星支所前 → 烏頭中 → 鬼ヶ嶽入口 → 宇戸谷下 → 美星支所前 → 美星診療所前 → 美星産直プラザ

外部リンク[編集]

以前運行していた自治体バス[編集]

井原市に合併前の自治体にて運行していた、美星町営バス(びせいちょうえいバス)について、以下に述べる。

美星町営バス当時のバス停

美星町営バス[編集]

  • 美星町が運行していた自治体バスで、道路運送法の規定に基づく自家用自動車(白ナンバー車)による有償運送(いわゆる80条バス)での運行であった。
  • スクールバスに一般の乗客も乗るスクールバス混乗方式であった。
  • 町内循環ダイヤの3系統のほか、スクールバスとして登校ダイヤ8系統、下校ダイヤ4系統、特別下校ダイヤ4系統があった。
  • 土曜・日曜・祝祭日・12月29日~1月3日は運休だった。
  • 運賃は1回乗車大人110円、小人30円均一であった。

沿革[編集]

  • 1972年4月 - 美星小学校への統合に伴いスクールバス(町営バス)運行開始。[1]
美星町営バスの車両(2000年当時)


参考資料[編集]

  • 井原地域合併協議会 協議第19号 路線バス確保対策の取扱いについて

脚注[編集]

  1. ^ 『岡山県 美星町史 通説編』