北信米油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北信米油株式会社
種類 株式会社
略称 米油、ベイユ
本社所在地 日本の旗 日本
381-0012
長野県長野市柳原2551
設立 1949年昭和24年)8月5日
業種 小売業
法人番号 5100001003111
事業内容 石油製品・自動車関連商品の販売
自動車分解整備事業
住宅関連機器・塗料製品の販売
損害保険・生命保険代理業
液化石油ガスの販売・認定保安機関業務・設備工事
ガス・石油関連器具の販売・設備工事一式
空調関連器具の販売・設備工事一式
浴室・厨房関連器具の販売・設備工事一式
資本金 1,160万円
売上高 33億4,700万円(2018年3月期)
純利益 △1億3,600万円(2018年3月期)
純資産 10億8,300万円(2018年3月期)
総資産 18億4,900万円(2018年3月期)
従業員数 94名
支店舗数 6店舗
主要株主 長野電鉄株式会社 100%
外部リンク http://www.nagaden-net.co.jp/group/carlife/hokushinbeiyu.php
テンプレートを表示

北信米油株式会社(ほくしんべいゆ)は、長野県長野市に本社を置く、石油販売(ガソリンスタンド)・コンビニエンスストア事業・LPガス供給などを行う企業。ながでんグループの傘下企業で、長野電鉄の完全子会社である。

概要[編集]

長野電鉄バスハイヤーに燃料を供給する目的で設立された。社名の『米油』は「アメリカから輸入した石油」を意味し[1]、スタンダード・ヴァキューム石油株式会社(当時)の代理店であった。

現在はJXTGエネルギーの特約店であり、ENEOSブランド(旧ESSOブランド)でSS6店舗・併設のセブン-イレブン1店舗を経営している。また、旧北信石油ガスの事業として、全国3番目の24時間集中監視システム「きくばり365」[2]の下で北信地方一帯にLPガスを供給するほか、各種ガス機器、住宅機器の販売・工事などを行う。

フランス語で「伝統」を意味する、「ベイユ」に発音が近い“VIEUX”をサービスマークとしている。

沿革[編集]

店舗・事業所[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]