木島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木島駅
木島駅(2002年3月撮影)
木島駅(2002年3月撮影)
きじま
Kijima
信濃安田 (1.5km)
所在地 長野県飯山市木島
所属事業者 長野電鉄
所属路線 河東線
電報略号 キシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1925年大正14年)7月12日
廃止年月日 2002年平成14年)3月31日
備考 木島線廃線に伴い廃止
テンプレートを表示

木島駅(きじまえき)は長野県飯山市大字木島字海田にある長電バスのバスターミナルである。かつては長野電鉄河東線(木島線)のだった。

駅構造[編集]

廃線後バスターミナルとして利用されていた旧駅舎。(2009年撮影、2018年解体)
廃線後の駅構内。奥は信州中野方面。(2009年撮影)
バス営業所が併設されており、駅前には長電バスの車両が待機する。(2009年撮影)

単式ホームと駅舎側に切り欠き状のホームを持つ1面2線のホームを持つ地上駅駅舎はホーム西側にあり、入口はこの一箇所。有人駅として営業してきたが、末期は無人駅となった。線路の終端は木造のスノーシェルターがついた1線式の車庫があり、冬季の車輌留置に使用された。

マイカー時代となる以前は電車から乗り継ぐ野沢温泉方面への結節点として賑わった。

現在は長電バス飯山営業所(旧・信州バス本社営業所)が併設されている。

旧駅舎は廃線後も野沢温泉飯山駅方面などへの長電バスバスターミナルの窓口・待合室として利用されていたが、新しい営業所と待合所の使用開始に伴い2018年に解体された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 河東線 - (留置線・欠番)
2 上り 信濃安田信州中野方面
3 上り 信濃安田・信州長野方面
  • 3番線は2番線を切り欠いた頭端式ホームで、旅客列車の発着はほとんど無かった。末期には保線車両の留置にも使われた。

駅周辺[編集]

バス[編集]

長電バス

上記以外にも飯山市のデマンドタクシー「菜の花タクシー」、および木島平村のデマンド交通「ふう太号」が発着している(事前に電話予約が必要)[2][3]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

長野電鉄
河東線(木島線)
信濃安田駅 - 木島駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 冬季は当停留所に代わって中央ターミナルに停車する。

出典[編集]