利谷信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
利谷 信義
(としたに のぶよし)
人物情報
生誕 1932年昭和7年)8月6日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮釜山(現・大韓民国の旗 韓国
死没 (2019-08-19) 2019年8月19日(87歳没)
日本の旗 日本東京都西東京市
肺炎
居住 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮日本の旗 日本
国籍 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
時代 昭和時代中期 - 令和時代初期
活動地域 日本の旗 日本
研究分野 民法
法社会学
研究機関 日本の旗 日本東京都立大学
日本の旗 日本・東京大学
ドイツの旗 ドイツフライベルク大学
ドイツの旗 ドイツベルリン自由大学
日本の旗 日本お茶の水女子大学
日本の旗 日本東京家政学院大学
主な受賞歴 ドイツ連邦共和国第一級功労十字章(1991年
テンプレートを表示

利谷 信義(としたに のぶよし、1932年昭和7年)8月6日 - 2019年令和元年)8月19日[1][2])は、日本法学者東京大学お茶の水女子大学東京経済大学名誉教授。専門は民法法社会学

経歴[編集]

主な研究課題[編集]

  • 家族法・家族政策およびその史的研究
  • 土地法および土地制度史研究
  • 司法制度および司法制度史研究
  • 法社会学の理論および学説史研究

著作[編集]

共編[編集]

国際貢献・国内貢献[編集]

  • 日本学術会議会員(1988年 - 1997年)
  • 日本法社会学会理事長(1990年 - 1996年)
  • 総理府男女共同参画審議会委員(1994年 - 1997年)
  • 比較家族史学会会長(2000年 - 2002年)
  • 日本農業法学会会長(2002年 - 現在?)
  • 社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会会長(2004年 - )

参考資料[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]