渡辺洋三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺 洋三(わたなべ ようぞう、1921年11月21日 - 2006年11月8日)は、日本の法学者東京大学名誉教授、元帝京大学教授。専門は法社会学民法学憲法学

人物[編集]

東京都出身。指導教官は、川島武宜。 専門の民法等のほか、日米安全保障条約体制や核兵器廃絶問題に関しても、いわゆるリベラル派の立場から積極的に発言を続けてきた。

2006年11月8日大動脈瘤破裂のため都内の病院で死去。享年84。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『農業水利権の研究』(東京大学出版会、1954年)
  • 『法社会学と法解釈学』(岩波書店、1959年)
  • 『法というものの考え方』岩波新書、1959年
  • 『民法と特別法 第1 土地建物の法律制度』(東京大学出版会、1960-62年)
  • 『政治と法の間 日本国憲法の十五年』(東京大学出版会・東大新書、1963年)
  • 『憲法と現代法学』(岩波書店、1963年)
  • 『安保体制と憲法』(労働旬報社、1965年)
  • 『入門法社会学各論 第1 日本の社会と法(財産)』(日本評論社、1965年)
  • 『憲法問題の考え方』(東京大学出版会・UP選書、1967年)
  • 『日本における民主主義の状態』(岩波新書、1967年)
  • 『大学改革と大学の自治』 (日本評論社、1971年)
  • 『民主主義と憲法』(東京大学出版会、1971年)
  • 『法社会学研究』東京大学出版会
1『現代国家と行政権』1972年
2『入会と法』1972年
3『農業と法』1972年
4『財産と法』1973年
5『家族と法』1973年
6『憲法と法社会学』1974年
7『法社会学の課題』1974年
8『現代法と法社会学』1981年
  • 『現代法の構造』(岩波書店、1975年)
  • 『土地と財産権』(岩波書店、1977年)
  • 『憲法と国民生活』(東京大学出版会、1978年)
  • 『法とは何か』岩波新書、1979年
  • 『1980年代と憲法』(岩波書店、1981年)
  • 『憲法のはなし』(新日本新書、1981年)
  • 『私たちの人権宣言』(労働旬報社、1982年)
  • 『現代日本社会と民主主義』岩波新書、1982年
  • 『私たちの人権宣言』(労働旬報社、1982年)
  • 『法社会学とマルクス主義法学』(日本評論社、1984年)
  • 『財産権論』(一粒社、1985年)
  • 『法を学ぶ』岩波新書、1986年
  • 『地価はなぜ暴騰するか―土地政策に発送の転換を―』(岩波ブックレット、1987年)
  • 『法と社会の昭和史』(岩波セミナーブックス、1988年)
  • 『法社会学と法律学の接点』(日本評論社、1989年)
  • 『法というものの考え方』(日本評論社、1989年)
  • 『法律学への旅立ち―リーガル・マインドを求めて―』(岩波書店、1990年)
  • 『日本社会はどこへ行くー批判的考察ー』(岩波新書、1990年)
  • 渡辺洋三民主主義選集 労働旬報社
『戦後日本の民主主義』1991年
『日米安保体制と日本国憲法』1991年
『人権と市民的自由』1992年
  • 『憲法と国連憲章 90年代のゆくえ』(岩波書店、1993年)
  • 『日本国憲法の精神』(新日本新書、1993年)
  • 『家族法を見直す』(岩波ブックレット、1994年)
  • 『日本社会と家族』(労働旬報社、1994年)
  • 『日本をどう変えていくのか 「改革」の時代を考える』(岩波新書、1996年)
  • 『核・安保・沖縄 日本の政府は何をしてきたか』(岩波ブックレット、1996年)
  • 『世界及び日本の情勢と民衆の視点』(日本評論社、1999年)
  • 『社会と法の戦後史』(青木書店、2001年)
  • 『現代日本社会と法ーある法学者の見た時代転換期ー』(旬報社、2004年)
  • 『慣習的権利と所有権』北條浩,村田彰編 御茶の水書房 2009
  • 『南方一年 ビルマ俘虜記』渡辺華子編 新生出版 2009

共編著[編集]

  • 『土地請負契約論』川島武宜共著(日本評論社、1950年)
  • 『入会権の解体』川島武宜,潮見俊隆共編 岩波書店 1959-68  
  • 『国家と法』長谷川正安共著(青木書店「青木講座 法律1」、1957年)
  • 『新法学講座』全5巻 長谷川正安,宮内裕共編 三一書房 1962
  • 『市民社会と私法』内田力蔵共編 東京大学出版会 1963
  • 『温泉権の研究』川島武宜,潮見俊隆共編 勁草書房 1964
  • ポポロ事件 黒い手帳は語る』遠山茂樹共編 新興出版社 1964
  • 『林野入会権の本質と様相 岐阜県吉城郡小鷹利村の場合』福島正夫,潮見俊隆共編 東京大学出版会 1966
  • 恵庭事件松井康浩共編 労働旬報社 1967 労旬新書
  • 『法の常識』編 1967 有斐閣双書
  • 『日米安保条約 その解説と資料』岡倉古志郎共編 労働旬報社 1968
  • 『日米安保条約全書』吉岡吉典共編 労働旬報社 1968
  • 『法律学概論』井上茂,福田平共編 青林書院新社 1971 現代法律学全集
  • 『現代日本の法思想』利谷信義共編 日本評論社 1972
  • 『入会と財産区』編著 勁草書房 1974 東京大学社会科学研究所研究報告
  • 『日本の社会と法―土地・住宅の法律問題』中尾英俊共著(日本評論社、1975年)
  • 『林野入会と村落構造 北富士山麓の事例研究』北条浩共編著 東京大学出版会 1975
  • 『核時代のなかの安保体制』大江志乃夫共編著 労働旬報社 1981 労旬教養選書
  • 『現代土地法の研究』稲本洋之助共編 岩波書店 1982-83 東京大学社会科学研究所研究報告
  • 『現代家庭の法律読本・家庭は変わる』編著 岩波書店 1987
  • 『現代日本の法構造』編 法律文化社 1989 現代日本の構造選書
  • 『国際平和と日本社会のゆくえ』渡辺治共著(労働旬報社、1991年)
  • 『政治改革への提言』森英樹廣渡清吾共著(岩波書店、1993年)
  • 『日本の裁判』江藤价泰小田中聡樹共著(岩波書店、1995年)
  • 『〈戦後変形期〉への警鐘 長谷川正安・渡辺洋三『法律時報』巻頭言1975-1998』日本評論社 2011

編著書・監修[編集]

  • 『入会権の解体1, 2』川島武宜・潮見俊隆と共編(岩波書店、1959年)
  • 『新法学講座』1〜5巻 長谷川正安・宮内裕と共編著(三一書房、1962年)
  • 『市民社会と私法』内田力蔵と共編(東京大学出版会、1963年)
  • 『ポポロ事件・黒い手帖は語る』遠山茂樹と共編(新興出版社、1964年)
  • 『温泉権の研究』川島武宜・潮見俊隆と共編(勁草書房、1964年)
  • 『林野入会権の本質と様相』福島正夫・潮見俊隆と共編著(東京大学出版会、1966年)
  • 『現代法と経済・ 岩波講座「現代法」7巻』(岩波書店、1966年)
  • 『法の常識』(有斐閣、1967年)
  • 『入会権の解体3』川島武宜・潮見俊隆と共編著(岩波書店、1968年)
  • 『日米安保条約全書』吉岡吉典と共編(労働旬報社、1968年)
  • 『安保条約セミナー』潮見俊隆・長谷川正安と共編(日本評論社、法学セミナー臨時増刊号、1967年)
  • 『現代法の学び方』野村平爾・戒能通孝・沼田稲次郎と共編(岩波書店、1969年)
  • 『安保条約60問60答』潮見俊隆・長谷川正安・松井芳郎と共編(日本評論社、法学セミナー臨時増刊号、1969年)
  • 『現代日本の憲法問題』渡辺監修・東京憲法会議編(新日本評論社、1970年)
  • 『法律学概論・現代法律学全集I』潮見俊隆・井上茂・福田平と共編著(青林書院新社、1971年)
  • 『法社会学の現代的課題・川島武宜先生還暦記念』潮見俊隆と共編(岩波書店、1971年)
  • 『法と経済・法学文献選集7』(学陽書房、1972年)
  • 『現代日本の法思想・福島正夫先生還暦記念』利谷信義と共編(日本評論社、1972年)
  • 『入会と財産区』(勁草書房、1974年)
  • 『林野入会と村落構造―北富士山麓の事例研究―北條浩と共編著(東京大学出版会、1975年)
  • マルクス主義法学講座1〜6 天野和夫・片岡曻・長谷川正安・藤田勇と共編(日本評論社、1976 - 1980年)
  • 『現代日本法史』長谷川正安・片岡曻・清水誠と共編(岩波書店、1976年)
  • 『戒能通孝著作集7[法社会学](日本評論社、1977年)
  • 『続温泉権の研究』川島武宜・潮見俊隆と共編著(勁草書房、1980年)
  • 『現代日本法入門』清水誠・宮坂富之助・室井力と共編(岩波書店、1981年)
  • 『現代土地法の研究・上』稲本洋之助と共編著(岩波書店、1982年)
  • 『現代土地法の研究・下』稲本洋之助と共編著(岩波書店、1983年)
  • 『現代土地法の研究 ―ヨーロッパの土地法―』 (岩波書店、1987年)
  • 『現代家庭の法律読本―家庭は変わる―』 (岩波書店、1987年)
  • 『現代日本の法構造』(法律文化社、1989年)
  • 『講座・革命と法・全3巻』長谷川正安・藤田勇と共編(日本評論社、1985 - 1994年)
  • 『市民と学生のための教養法学』「新訂版」(青林書院、1990年)
  • 『法の常識』「第3版」(有斐閣、1993年)
  • 『日本社会と法』甲斐道太郎・廣渡清吾・小森田秋夫と共編(岩波書店、1994年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 渡辺洋三 名誉教授”. 東京大学. 2014年9月28日閲覧。
  2. ^ 東大サッカー部誌第四号 (PDF) 」p.71、1987年、2014年9月28日閲覧