処女膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
処女膜
Hymen.png
ヒトの女性の処女膜(赤丸のヒダ部分)
ラテン語 Hymen
英語 Hymen
器官 女性器
テンプレートを表示

処女膜(しょじょまく、: Hymen)は、哺乳類口に見られる襞状の器官。ここでは、主にヒト女性膣口に付属するものについて解説する。

オランダ語maagdenvliesの翻訳。かつては「嬢膜」の訳語もあった[1][2]

形状[編集]

あまり目にする機会の無い器官である故、様々な媒体を通して半ば憶測に近い情報が流布されているのが現状である。 「膣口から◯cm中にある薄い膜」だとか「子宮の手前にある」など枚挙に暇が無いが、正しくは膣口の入り口から延長し、開口部を狭めるように備わる襞状の肉壁である。

膜という言葉から連想されるようなパリッとしたフィルム状のものではなく、誤解を恐れずに言えば膣口の一部であり、衣類で言えば袖や襟にあたる部分に位置する。

処女膜の色々な形状

出生時(新生児期)には処女膜が外陰部に飛び出していることがあるが、出生後日数の経過によって次第に隠れていく[3]。 以降の成長過程で、処女膜の形状が女性器内で大きく変わる事は無い。そのため、そもそも男性と違い性器を目視する機会が少ない女性においては、本人が自らの処女膜について全く知識が無いままである事も多い。

処女膜の形状には開口部の数や大小など様々なパターンが確認されており、月経時の経血や膣分泌液の排出を困難にするほど閉鎖しているもの(処女膜閉鎖)、初めての性交時に男性のペニスを挿入できないほど頑丈な処女膜(処女膜強靭症)など、生活に支障の出るケースも存在する。

処女膜の損傷[編集]

初体験時に裂けた処女膜の痕跡

処女膜は通常のスポーツタンポンの使用、骨盤の検査、何かにまたがったりすることによって裂けることはない。しかし、激しい動作によって裂けることがある[4]。処女膜は思春期に達すると弾性になる傾向がある。23%の女性は初めての性交で男性がペニスを挿入するときに出血したと報告したが、残りの77%は出血していない[4]

初体験でペニスを挿入した際、膣口と共に拡張された処女膜が裂断することなく弾性と伸びによって耐えた場合、出血は伴わないものの激しい痛みを伴う事がある。

男性のペニスの大きさ次第で挿入の際に処女膜が裂断する事があり、この場合は傷自体は自然治癒するが、裂け目は元に戻らずにこの時の形状を生涯維持する。 これを点検して処女か否かを判断するのが処女検査の根拠とされる。

処女膜のある動物[編集]

処女膜はヒトにあり、類人猿にない。クジラアザラシの水生動物には処女膜がある。処女膜は膣内に水が入り込まないようにする役目があるとの説がある[5][要ページ番号]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 博物語彙 / 宇田川榕菴38ページ(13コマ目)
  2. ^ しょじょまく【処女膜】 | 日国友の会
  3. ^ 赤ちゃん・新生児の驚異の2カ月びっくり大図鑑【新生児】”. gooベビー. 2015年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月17日閲覧。
  4. ^ a b Emans, S. Jean. "Physical Examination of the Child and Adolescent" (2000) in Evaluation of the Sexually Abused Child: A Medical Textbook and Photographic Atlas, Second edition, Oxford University Press. 64-5
  5. ^ ビヨルン・クルテン著、瀬戸口烈司+瀬戸口美恵子訳 『霊長類ヒト科のルーツ』 1995年5月29日、青土社ISBN 4-7917-5374-7

関連項目[編集]