膣口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

膣口(ちつこう)とは、小陰唇の間の膣前庭に開くの入り口である。 つまり、性交の時に陰茎を入れる場所である。

概要[編集]

外陰部[編集]

外陰部を外見した時、ヒトなど哺乳類の一部で最も目に付くのは左右の大陰唇の合わせ目である所の、縦に裂けた陰裂である。しかし、その裂け目の中はどうなっているのかは、大陰唇を左右に広げ、陰裂を陰門の状態にしないと全くわからない。このように、陰門の状態にして女性器を観察した時、初めてその内部構造を知る事ができる。

女性の外性器

大陰唇の内側[編集]

大陰唇の内側には、左右一対の小陰唇の肉片があり、左右小陰唇が上端で終焉し、癒合する所に勃起性の小突起である陰核がある。陰核は平静時には陰核包皮で覆われ、性的興奮もしくは手指による陰核包皮の翻転によって陰核亀頭が露出する。

陰核の下部には、膣前庭と呼ばれる平坦な部分があり、そこに外尿道口が開口する。さらにその下側に、膣の入り口である膣口が開口するのである。膣口の左右にはバルトリン腺があり、女性が性的に興奮すると愛液を湧出し、男性の陰茎の膣内挿入を容易ならしめる働きをする。また、膣口には処女膜が存在する。