陰核包皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陰核包皮
Illu repdt female-nihongoban.png
女性器の模式図
Female vagina2.jpg
ラテン語 preputium clitoridis
英語 Clitoral hood
器官 女性器
テンプレートを表示

陰核包皮(いんかくほうひ、: Clitoral hood)とは、陰核亀頭を被う包皮の名称である。陰核を約半分ほど覆っている長い包皮で、大陰唇の始まりのあたりから伸びており、小陰唇につながる部分でもある。女性性的に興奮すると陰核の勃起が起こり、陰核亀頭が膨張するので包皮が剥けて、亀頭部が露出する。露出によりさらに性的に外的刺激を受けやすくなる。

陰核が勃起しても亀頭が包皮から露出しない場合、または亀頭が包皮と癒着している場合のことを、陰核の真性包茎と言う。

関連画像[編集]

関連項目[編集]