精巣網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
精巣網
Rete testis.jpg
精巣内の精巣網の位置
Illu testis schematic.jpg
概要
由来 中腎管
表記・識別
ラテン語 Rete testis
MeSH D012152
Gray's p.1244
TA A09.3.01.024
FMA 19834
解剖学用語

精巣網(せいそうもう、rete testis)は、精巣縦隔英語版にある繊細な管の吻合した網であり、精細管から精巣輸出管英語版精子を運ぶ。女性の卵巣網英語版に相当する[1]。その機能は、体液の再吸収のための場所を提供することである。

構造[編集]

精巣網の顕微鏡写真。H&E stain.

精巣網は、直精細管英語版精細管の末端部分)が空になるところの相互の連結した管の網である。精巣縦隔英語版の高度な血管結合組織内に位置している[2]上皮細胞は、細管の内表面を覆う単層を形成する。これらの細胞は立方状であり、その表面には微絨毛と単一の繊毛がある[3]

発達[編集]

泌尿器と生殖器の発達において、精巣卵巣とほぼ同じように発達し、中皮中腎英語版から発生する。卵巣と同様、初期の段階では表面上皮に覆われた中央の塊で構成される。中央の塊には一連のコードが見られる。これらのコードは将来門になるところへともに走り、網を形成し、最終的に精巣網となる。

機能[編集]

精巣網の機能は、精子が精管から出るときに精子を混ぜることと思われる。精子はセルトリ細胞の薄い分泌物の中で精細管を出る。限られた量の分泌と再吸収により腔液を変化させるが、主な機能は精子を混ぜ精巣輸出管に輸送することであり、主要な機能は液の約95%を再吸収することで精巣上体に入る前に精子の濃度を高めることである。

他の画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ Definition: Rete ovarii from Online Medical Dictionary
  2. ^ Ross, M.; Pawlina, W. (2011). Histology: A Text and Atlas (6th ed.). Lippincott Williams & Wilkins. p. 802. ISBN 978-0-7817-7200-6 
  3. ^ Young, B.; Woodford, P.; O'Dowd, G. (2013). Wheater's Functional Histology: A Text and Colour Atlas (6th ed.). Elsevier. p. 344. ISBN 978-0702047473 

外部リンク[編集]