外陰部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
外陰部
Genital Diversity.jpg
Vulva 01 Japanese.jpg
英語 Vulve
器官 女性器

外陰部英語: vulvaラテン語: vulva、複数形vulvaeまたはvulvas)とは、メス女性器のうち体外に露出している部分の総称である。女陰(にょいん)、陰門(いんもん)などとも呼ばれる。閉じた状態を陰裂と言う。

概要[編集]

大陰唇小陰唇陰核膣口尿道口から形成され、普段は排尿と月経性行為のために使われる。自然分娩の場合ここから新生児が排出される。

外陰部には多くの解剖学的特徴があり、主に胎児の期間に成長する。通常は内は膣分泌液の作用で清潔に保たれているが、陰茎より感染力に弱く細菌などに汚染されやすい。乳房の成長がTannerの分類で第3または4段階に達した頃から大陰唇沿って陰毛が発生するが、最初は大陰唇の内側に見られるため足をそろえた仰臥位では見逃されやすい[1]。後に陰毛は周辺に拡がっていく。

語源[編集]

中世ラテン語の「volva」または「vulva」(子宮器官・女性生殖器)が変化して出来た[2]

ラテン語の代替語はgenitalia feminina externa(女性の生殖器の外側)である[3]

性差違[編集]

オスとメスの外性器胎児の段階からほぼ同じ組織が発達し、外陰部部分は異なっていない。外陰部の検査は発生生物学の男性性器検査に関連している。一般的にはこのような器官は相同性を持ち同じものであったと考えられている。

陰核は男性陰茎亀頭に、陰核陰茎に、陰核海綿体海綿体に、大陰唇・小陰唇・陰核包皮はそれぞれ陰嚢・陰茎周辺皮膚・亀頭包皮に相当している。バルトリン腺カウパー腺である。

構造[編集]

  1. 恥丘
  2. 陰唇大陰唇小陰唇から成る)
  3. 陰核および陰核包皮
  4. 膣前庭
  5. 膣口
  6. 尿道口
  7. 処女膜
その他の構造物
  1. バルトリン腺
  2. スキーン腺

脚注[編集]

  1. ^ 思春期の発現・大山建司
  2. ^ http://www.etymonline.com/index.php?search=vulva(英語)
  3. ^ http://cancerweb.ncl.ac.uk/cgi-bin/omd?external+female+genital+organs(英語)

関連項目[編集]