卵管膨大部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
13が卵管膨大部

卵管膨大部(らんかんぼうだいぶ、: ampulla of uterine tube)とは、雌における卵管の一部である。卵管中間の拡張した領域であり、卵巣を越えて湾曲している。

ampullaという用語は、フラスコを意味するラテン語に由来する。卵管膨大部はヒト受精(en:human fertilization)において最も主要な領域とされる。

関連項目[編集]