倉田三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

倉田 三郎(くらた さぶろう、1902年9月21日 - 1992年11月30日)は、洋画家、美術教育者。

東京出身。葵橋洋画研究所黒田清輝らの指導を受ける。1922年東京府師範学校卒、1926年東京美術学校師範科卒。光風会二科会春陽会に出品。1932年春陽会賞受賞、36年同会会員。1949年東京学芸大学教授、66年定年退官、名誉教授。1966年国際美術教育学会会長。1994年多摩総合美術展の洋画部に倉田三郎賞が設けられた。作品に「粟ノ須風景」など。 [1]

著書[編集]

  • 『構図の和』教育美術振興会 1952
  • 『バルカン素描』日本文教出版 1956
  • 『西洋の美術』桑原実等編 岩崎書店 中学生の美術科全集 1961
  • 『美術十六講』文理書院 1968
  • 木村荘八 人と芸術』造形社 1979

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • マンフレッド・L.ケーラー『新しい美術教室』美術出版社 1957

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典20世紀日本人名事典