京王稲田堤駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京王稲田堤駅
南口(2006年10月15日)
南口(2006年10月15日)
けいおういなだづつみ - Keio-inadazutsumi
KO35 京王多摩川 (1.3km)
所在地 川崎市多摩区四丁目1-1
駅番号 KO 36
所属事業者 KeioRailway logo.svg 京王電鉄
所属路線 KO 相模原線
キロ程 2.5km(調布起点)
新宿から18.0km
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
50,630人/日
-2013年-
開業年月日 1971年昭和46年)4月1日
乗換 稲田堤駅(JR南武線
北口(2006年7月11日)

京王稲田堤駅(けいおういなだづつみえき)は、神奈川県川崎市多摩区四丁目にある、京王電鉄相模原線である。

京王電鉄の神奈川県内に所在する駅は、当駅と若葉台駅橋本駅(いずれも相模原線)のみである。

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。

出口は北口・南口の2か所である。北口は階段エレベーターのみである。南口には各ホームと出口階を連絡するエレベーター(改札 - 1番線間は途中乗り換え)、中間階を挟む上り専用エスカレーターが各ホームとを連絡している。

各ホームには中央付近に待合室がある。

トイレは南口・北口双方の改札内にあり、いずれもユニバーサルデザインの一環として「だれでもトイレ」を併設している。

北口側は2006年8月に改修され、この時点で前記したエレベーターとトイレが設置された。駅舎内には新たに10分間カット店である「QB HOUSE」が同年8月4日に開店した。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 KO 相模原線 下り 京王よみうりランド京王多摩センター橋本方面
2 KO 相模原線 上り 京王多摩川調布明大前笹塚新宿都営新宿線方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員は50,630人と、5万人を超えた[1]。開業以来の乗降人員・乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗降人員[2]
1日平均
乗車人員[3]
1971年 3,957[4]
1975年 8,464
1980年 11,431
1985年 15,082
1990年 26,784
1995年 33,465 16,833
1996年 16,924
1997年 17,352
1998年 17,717
1999年 17,990
2000年 35,353 17,839
2001年 18,617
2002年 19,425
2003年 40,076 19,997
2004年 40,931 20,612
2005年 42,591 21,167
2006年 44,187 21,819
2007年 45,810 22,469
2008年 46,447 22,828
2009年 48,323 23,871
2010年 47,898 23,924
2011年 47,957 23,641
2012年 48,824 24,150
2013年 50,630 24,661

駅周辺[編集]

北口[編集]

至近に美容室ゴルフセンターがある。住宅地で、商店は少ない。駅出口付近には畑も見られる。

南口[編集]

「京王駅前通り」と呼ばれる商店街が稲田堤駅に至るまで東西に走っているほか、川崎稲田堤郵便局が立地する。

近くを府中街道が走っている。この通りを隔てて小さなロータリーがあり、路線バス日本テレビ生田スタジオへの送迎バスが発着する城下停留所がある。

府中街道沿いにはファミリーレストランなどが点在している。

バス路線[編集]

南口の最寄りに城下(しろした)停留所があり、川崎市バス小田急バスの以下の路線が発着する。なお、停留所のりば番号は川崎市バス公式サイトの表記[5]に基づく(小田急バス公式サイトでは、市バスの1番のりばを2番のりば、市バスの3番のりばを1番のりばと表記している[6])。

1番のりば

  • 登14:塚戸、生田宿、多摩警察署前経由 向丘遊園駅東口行き(川崎市バス) ※朝夕のみ運転
  • 登14:塚戸、生田宿、多摩区役所前経由 登戸駅行き(川崎市バス) ※日中のみ運転
  • 登14:塚戸、生田宿、多摩区役所前、登戸駅経由 向丘遊園駅入口行き(川崎市バス) ※日中のみ運転
  • 読04:稲田堤駅前経由 稲田堤行き(小田急バス) ※平日朝のみ運転
  • 登14:菅四丁目行き(川崎市バス)※4番のりば(八千代銀行前)にも停車

2番のりば

  • 登14:西菅団地行き(川崎市バス)

3番のりば

  • 登14:西菅団地行き(川崎市バス) ※城下折り返し便のみ
  • 読04・読05:読売ランド前駅経由 生田折返場行き(小田急バス)

4番のりば

  • 登14:菅四丁目行き(川崎市バス)

この他、稲田堤駅付近にもバス停留所がある。

駅名の由来[編集]

駅所在地の近くにの名所として有名な多摩川の「稲田堤」があったことから「京王稲田堤」と名付けられる。

隣の駅[編集]

KeioRailway logo.svg 京王電鉄
KO 相模原線
特急・急行
調布駅 (KO 18) - 京王稲田堤駅 (KO 36) - 京王永山駅 (KO 40)
区間急行・快速・各駅停車
京王多摩川駅 (KO 35) - 京王稲田堤駅 (KO 36) - 京王よみうりランド駅 (KO 37)
  • 沿線でのイベントなどの開催時には、通常の隣の停車駅との間にある以下の駅に停車することがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京王グループ 1日の駅別乗降人員
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ 川崎市統計書
  4. ^ 駅開業年度
  5. ^ 川崎市交通局(市バス):城下(しろした) - 川崎市交通局 2011年3月28日 (2013年6月26日閲覧)
  6. ^ 小田急バス -OdakyuBus- 時刻表案内 - 小田急バス (2013年6月26日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]