稲田堤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲田堤(いなだづつみ)は、神奈川県川崎市多摩区JR東日本南武線稲田堤駅京王電鉄相模原線京王稲田堤駅周辺を指す地域名。

町名としては同駅が所在する菅稲田堤(すげいなだづつみ)1-3丁目がある。

由来[編集]

同地一帯は元旧橘樹郡稲田村大字菅(すげ)であった。1898年(明治31年)、日清戦争戦勝記念として、稲田村が多摩川右岸堤防にを植えて評判となり、桜の名所として稲田堤の呼び名が生じた。1927年(昭和2年)に現在の稲田堤駅である南武鉄道線稲田堤停留場が開業して地域名として定着した。

稲田村は稲田町を経て1938年(昭和13年)に川崎市に合併された。同地域周辺は大字菅のままであったが、1984年(昭和59年)、住居表示実施により菅から分離し独立し、稲田堤駅を一丁目1-1として菅稲田堤の町名が誕生した。1971年(昭和46年)に開業した京王電鉄相模原線京王稲田堤駅は旧来の大字名を継承した菅四丁目1-1とされた。

地域[編集]

  • 旧橘樹郡稲田村大字菅の区域に含まれる現行町名は次のとおり。
    • 1-6丁目
    • 菅稲田堤1-3丁目
    • 菅北浦1-5丁目
    • 菅野戸呂
    • 菅仙谷1-4丁目
    • 菅馬場1-4丁目
    • 菅城下
    • 寺尾台:1970年(昭和45年)に、区画整理により生田の一部を併せて分離された。
      ※ 「稲田堤」地域として地元で認知される範囲は菅、菅稲田堤、菅北浦、菅野戸呂を中心とし、寺尾台をはじめ菅馬場などは最寄り駅を小田急小田原線読売ランド前駅とする生田地域として認知される。
  • 1931年(昭和6年)にレコード化された歌謡曲『丘を越えて』の曲は古賀政男が稲田堤の桜見物に来たことをきっかけに生まれたもので、同名の菓子も存在する[1]
  • 多摩川梨とも呼ばれる長十郎種のナシと、のらぼう菜と呼ばれるセイヨウアブラナの産地である。
  • 菅仙谷には多摩丘陵南山から続く里山が残っている。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、菅稲田堤3-5-35の地点で22万9000円/m2となっている。[2]

施設[編集]

主な店舗[編集]

神社・仏閣[編集]

菅地区は古い寺社が多数ある。

  • 寿福寺
  • 薬師堂(9月の第2日曜日の「菅の獅子舞」は、県無形民俗文化財に指定されている。)
  • 子之神社
  • 八雲神社
  • 玉林寺
  • 菅の六地蔵

交通[編集]

  • 鉄道
南武線稲田堤駅
相模原線 : 京王稲田堤駅

脚注[編集]

  1. ^ 稲田堤商店街加盟「菓聖はしば」が2007年に創作した和菓子。
    東京新聞「稲田堤の青春の味 和菓子『丘を越えて』」2009年7月5日
  2. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]