乗蓮寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
乗蓮寺
Tokyo daibutsu.JPG
東京大仏(本尊)
所在地 〒175-0092
東京都板橋区赤塚5丁目28番3号
位置 北緯35度46分54.5秒
東経139度38分38.8秒
座標: 北緯35度46分54.5秒 東経139度38分38.8秒
山号 赤塚山
宗派 浄土宗
寺格 別格本山
本尊 阿弥陀如来
創建年 応永年間(1394年 - 1427年
正式名 赤塚山慶学院乗蓮寺
別称 東京大仏、赤塚大仏
地図
乗蓮寺の位置(東京都区部内)
乗蓮寺
法人番号 1011405000384
テンプレートを表示

乗蓮寺(じょうれんじ)は、東京都板橋区赤塚五丁目にある浄土宗の寺院。東京大仏(俗に赤塚大仏とも)があることで知られている。「東京大仏」は当該寺院の異称にもなっている。毎年初詣には、周辺住民及び高島平団地居住者も多く参拝し、板橋区内でも随一の賑わいを見せる。

歴史[編集]

本堂

応永年間(1394年 - 1427年)に了賢無的が山中村(現在の板橋区仲町)にて人々に教えを伝えるために創建したと伝えられている。その後、江戸時代の初期のころまでに板橋区仲宿に移転した。当時は孤雲山慶学院乗蓮寺と称していた。後に慶学山乗蓮寺になった。当寺院は、郷主・板橋信濃守忠康の菩提寺になるなど人々から信仰を得ていた。天正19年(1591年)に徳川家康から十石の朱印地が寄進され、その後も歴代の将軍から朱印地が与えられ格式ある寺院となった。また八代将軍・徳川吉宗の鷹狩の際の休憩所・お膳所としても使われた。その後も長く仲宿の地にあったが首都高速道路の建設と国道17号の拡幅により、昭和48年(1973年)に現在の赤塚の地(赤塚城二の丸跡)に移転した。山号も赤塚山と称した。そして1977年(昭和52年)、かつて東京を襲った関東大震災東京大空襲など、悲惨な震災や戦災が再び起きないよう願いを込め当寺院の代名詞にもなっている東京大仏が建立された。

文化財[編集]

  • 植村直己の墓……植村は世界的にも知られ、国民栄誉賞も受賞した日本の冒険家1984年マッキンリーにて消息を絶ち遺体等は発見されなかったが、彼を供養するための墓が当寺院の境内にある。
  • 天保飢饉供養塔……当寺院が仲宿にあった江戸末期に起こった天保の大飢饉で、板橋宿において死んだ人々を当寺院に埋葬・供養した際に建立された供養塔。板橋区の文化財に指定されている。
  • 旧藤堂家染井屋敷石造物……現在の豊島区駒込付近にあった津藩藤堂家下屋敷(染井屋敷)に置かれていた石像。昭和42年に乗蓮寺へ寄贈された。

東京大仏[編集]

1973年まで寺院があったところは、現在はマンションになっている。板橋区役所前駅すぐになる。

境内にある阿弥陀如来坐像で、青銅製の鋳造大仏では、奈良鎌倉に次ぐ日本で3番目の大きさを誇る。高さは基壇が地上2メートル、蓮台2.3メートル、座高8.2メートルの計12.5メートル。浅草の仏壇店翠雲堂が製造した。文化放送吉田照美のてるてるワイド』の企画で雑巾をつなぎ合わせマフラーを着けてもらった事がある。

周辺[編集]

武蔵野台地の端に位置するため起伏に富み、緑豊かな閑静な地域にある。板橋十景のうち約半数が周辺に集まっており、赤塚城址松月院板橋区立美術館・区立赤塚植物園・都立赤塚公園・区立赤塚溜池公園等がある。穏やかな休日には散策する人を多く見かける。

その他[編集]

2015年まではベビーカーや車椅子での参拝を優先させていて、専用通路を作り、係員を配置し安全に努めるという布陣を取っていた。ところが、ベビーカー1台に大人数の家族が付いてきて専用通路を通り参拝し始めた為、混んでいる時にはお参りするまで1時間待たなければならないことがあった。それを見た参拝客が腹を立て寺の担当者と小競り合いになった。

  また、ベビーカーがあれば優遇される寺ということが知れ渡り、小学5年生くらいの子供をベビーカーに乗せて現れる親が相次ぐことになった。親は優先通路に入るとベビーカーをたたみ、降りた子供は敷地内を駆け回った。そこで寺は優先通路を通れるのは押している1人だけ、という制限を設けた。ところが、ファミリーは2手に分かれて参拝することになり、先に参拝を終えたベビーカー組の中には境内近くで合流のため待機する、ということが起こった。
  そしてとうとう一昨年(2015年)、お年寄りがベビーカーに躓き、ベビーカーに抱き着く形で倒れてしまった。幸い軽傷で済んだのだがけが人を出したことには変わりがなく、「警察からの要請」もあり、昨年から「ベビーカーご利用自粛」の看板を出すことになった、という。[1]

交通[編集]

鉄道
都営地下鉄三田線西高島平駅:徒歩18分
東武東上線下赤塚駅:徒歩18分
東武東上線成増駅:徒歩18分
東京メトロ有楽町線地下鉄赤塚駅:徒歩20分
東京メトロ有楽町線地下鉄成増駅:徒歩20分
バス
東武東上線成増駅北口から赤羽駅西口行(又は志村三丁目駅行):乗車6分→「赤塚八丁目」下車:徒歩5分
東武東上線成増駅北口から区立美術館経由(西高島平駅経由ではない)高島平操車場行:乗車9分→「区立美術館」下車:徒歩5分
都営地下鉄三田線高島平駅から区立美術館経由(西高島平駅経由ではない)成増駅行:乗車9分→「区立美術館」下車:徒歩5分

出典[編集]

外部リンク[編集]