いたばし花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いたばし花火大会
概要
通称、略称 いたばし花火大会
正式名称 いたばし花火大会
開催時期 毎年8月
会場・場所 東京都板橋区舟渡荒川河川敷戸田橋上流
打ち上げ数 戸田橋花火大会と合計して約11,000発発
主催 板橋区
運営 板橋区
最寄駅 JR東北本線別線(旅客案内上は埼京線浮間舟渡駅
都営地下鉄三田線 西台駅蓮根駅高島平駅
外部リンク いたばし花火大会
テンプレートを表示

いたばし花火大会(いたばしはなびたいかい)は、毎年8月に東京都板橋区舟渡の荒川の戸田橋(国道17号、通称中山道の橋)上流の河川敷において行われる花火大会である。

概要[編集]

1951年昭和26年)に埼玉県戸田町(現戸田市)と東京都板橋区間の「飛び地」を含む複雑な都県境をよりシンプルでわかりやすくするため、都県境変更を行った。これを記念して開催された戸田橋花火大会が元となり1952年昭和27年)より共同開催となったものである(1951年(昭和26年)は後援として参加)[1]。戸田側では戸田橋花火大会が同日開催される。1965年昭和40年)から1972年昭和47年)までは交通事情の悪化により一時中止されたものの(戸田市によれば「地下鉄乗り入れ工事のため」とのこと[2])、その後復活し現在に至っている[1]

同大会の名物は、長さ500mにわたる網仕掛(ナイアガラ)である。また、広い荒川の河川敷を活かし、対岸の戸田橋花火大会と共に尺玉(10号玉)も数多くの打上げられている。

2003年平成15年)からは有料指定席が導入された[1]

近年は毎年8月第1土曜日に開催が定着している。2010年現在は戸田橋花火大会との合計で約11,000発ほどが打ち上げられる。現在ではいわゆる東京三大花火大会に迫る規模の花火大会となっており、「伝統の隅田川」に対する「実力のいたばし」との別称もある[1]

歴史[編集]

アクセス・交通規制[編集]

会場内に駐車場・駐輪場がない上、大会中は会場周辺はの車両の乗り入れが禁止されるため、板橋区は公共交通機関での来場を奨めている。会場の最寄り駅はJR埼京線浮間舟渡駅、都営地下鉄三田線西台駅・蓮根駅・高島平駅であり、駅から徒歩30分である。また、会場から徒歩15分の停留所に東武東上本線東武練馬駅成増駅から国際興業バス路線バスが出ている。[5]また、埼京線と直通先の川越線東京臨海高速鉄道りんかい線、都営地下鉄三田線、国際興業バスは臨時ダイヤを編成している[6][7][8]

注意点[編集]

陸上競技場・野草広場・芝生広場・硬式・軟式野球場では退場規制が行われ、大会終了後約15分間退場が不可能となるほか、会場周辺の交通規制エリア内ではドローンの持ち込み・飛行が禁止される。また、平面席に使用している道路は緊急用河川敷道路であるため、災害発生時は速やかな退去が必要である。さらに会場周辺では携帯電話が繋がりにくくなることにも留意が必要である。[9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]