戸田橋花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
戸田橋花火大会
概要
開催時期 8月第1土曜日
初回開催 1951年
会場・場所 埼玉県戸田市
荒川戸田橋上流
戸田市側河川敷
打ち上げ数 6,000発
主催 戸田市・戸田橋花火大会実行委員会
後援 戸田市観光協会・戸田競艇組合・埼玉県都市競艇組合・日本モーターボート競走会
協賛 協賛企業一覧
協力 国土交通省蕨警察署JR東日本
人出 450,000人(例年)
最寄駅 JR埼京線戸田公園駅
外部リンク 戸田橋花火大会
テンプレートを表示

戸田橋花火大会(とだばしはなびたいかい)は、荒川河川敷において毎年8月第1土曜日に行われる花火大会

概説[編集]

1951年昭和26年)に埼玉県戸田町(現戸田市)と東京都板橋区間の「飛び地」を含めた複雑な都県境をよりわかりやすくシンプルな境界線とするために板橋・戸田両区町間で都県境変更を行った。これを記念して開催され[1][2]、半世紀以上の歴史を持つ伝統のある花火大会である。

1960年代後半には都営三田線乗り入れ工事の関係で板橋区側の開催が中断されたあおりを受けて2回ほど開催が中止されたことがあるほか、2011年は東日本大震災の影響を受けて開催が中止された。

  • 広い荒川の河川敷を活かし、大玉(尺玉)や7・8号玉が、例年数多く打上げられている。
  • 板橋側では同趣旨で「いたばし花火大会」が同日開催される。
  • 戸田漕艇場南側は打ち上げ会場になっているため通行ができない。
  • 開催時には戸田競艇場でもイベントなどが行われ、駐車場などが駐輪スペースとして利用されている。
戸田橋(板橋区側からの撮影)


歴史[編集]

詳しくは公式サイトの「花火大会の魅力・歴史」[2]を参照。

  • 1951年昭和26年)8月18日 旧戸田町主催・板橋区後援で第1回大会を開催。
  • 1952年(昭和27年)8月16日 旧戸田町と板橋区の共催に変更。
  • 1961年(昭和36年) 板橋区側が「区民納涼花火大会」と名称を変更し、形式上は別大会となる(ただし同日開催は変わらず)。
  • 1964年(昭和39年) 東京オリンピック開催の前月祭として、この年のみ9月開催となる。
  • 1965年(昭和40年) 開催中止。
  • 1968年(昭和43年) 2度目の開催中止。
  • 2011年平成23年) 東日本大震災発生の影響で「安全が確保できない」との理由から開催中止。

露店[編集]

平成27年(第62回大会)から安全上の理由により出店が大幅に制限される。 公式facebookにおいても出店減少により会場周辺で飲食物が購入できなかったとの書き込みがあった。

交通[編集]

  • 当日は会場周辺で大幅な交通規制が実施される。この為、公共交通機関での来場が望ましい。
  • 最寄り駅は埼京線戸田公園駅。(埼京線は毎年、臨時ダイヤを編成している)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 流路変遷にまつわる荒川七ふしぎ (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 (2008年11月12日). 2013年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月30日閲覧。
  2. ^ a b 花火大会の魅力・歴史 - 戸田橋花火大会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]