中川友紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかがわ ゆきこ
中川 友紀子
生誕 1971年[1]
東京都[1]
出身校 法政大学
職業 東京工業大学助手
日本科学未来館
イクシスリサーチ取締役
アールティ代表取締役
受賞 日本ファジィ学会奨励賞[2]、ROBOHUB「ロボット業界で知るべき世界の女性25人」[3][4]
公式サイト https://www.rt-net.jp/

中川 友紀子(なかがわ ゆきこ(1971年(昭和46年)[1] - )は日本の経営者、研究者、サイエンスコミュニケーター。ロボットの開発・販売・研修を手掛ける株式会社アールティの創業者、代表取締役。2015年にはアメリカのROBOHUBによって「ロボット業界で知るべき世界の女性25人」に選出された[3][4]。学生時代はマイクロマウスに取り組み、今も同競技やロボカップに実行委員として携わる。ロボLDK実行委員長[5][6]、日本知能情報ファジィ学会副会長(第14期)[2]、ニューテクノロジー財団業務執行理事[7]、マイクロマウス実行副委員長[8]などを歴任。一般社団法人ROSCon jpも設立した[9][10]

来歴・人物[編集]

学生時代[編集]

マイクロマウスの競技コース

1971年東京都生まれ[1]法政大学工学部電気工学科に進学し、計測制御を専攻。学部1年次からサークルでマイクロマウスに取り組み[2][11]、学部3年次の研究室配属以降はUNIXに親しんだ[12]1993年3月に同学科を卒業し、大学院工学研究科システム工学専攻へ進学。研究室では画像処理に取り組み[13]、日本ファジィ学会の学生部会でも活動した[2]1995年3月に修士課程を修了する[2][13]

研究者時代[編集]

修士課程を修了した1995年の4月、中川は東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻の助手に着任[2][14]。廣田薫のもとでファジィ論理の研究に従事し[15]1996年には日本ファジィ学会[注釈 1]奨励賞を受賞した[2][14][注釈 2]

1998年10月、北野宏明が代表を務める科学技術振興機構ERATO北野共生システムプロジェクトの研究員に転職[13][16]。ヒューマノイド認知のグループに属し[17]、画像処理などの研究に従事[18]。視覚や音声認識を研究するためのロボット「SIG」の開発に携わる[16]。このとき開発した音源を同定・分離する手法は、特許登録されている[注釈 3]

なお、北野が創設に携わったロボカップの小型機リーグにも出場し[19][20][21]、中川の所属チームは1998-1999年にJapan Openで2連覇している[22]。また、ソニーAIBOを発売した際には、中川も購入している[23]

ロボット業界時代[編集]

日本科学未来館。中川はASIMOの常設展示、第1回ROBO-ONE開催に関わった。

2001年、中川は日本科学未来館の展示企画グループサブリーダーに就任[13]ASIMOの常設展示に携わり、ROBO-ONEの第1回大会を同館で開催すべく尽力した[11]2003年には北野共生プロジェクトに所属していた山崎文敬が起業した株式会社イクシスリサーチに移り、取締役を務めた[24][16]。同時に法政大学電気通信大学のロボット研究者と、小型人型ロボットを教育に導入する試みを行っている[25][26]

2005年9月にはロボットの開発・販売・研修を行う株式会社アールティを起業し、代表取締役に就任[27][13][16]2005年から開催された「ロボLDK」[28][29]では、実行委員長も務めた[5][6]2014年にはロボカップ@ホームの普及活動にも取り組んだ[30]。この間、マイクロマウス[8]やロボカップ[31][32]の実行委員も務めている。

2008年にマイクロマウス競技でハーフサイズが登場した際には、それに対応したロボット「Pi:Co」をアールティで開発・販売した[33]。また2009年からはアルデバランロボティクスの日本総代理店となり、NAOの販売を開始[34]。二足歩行ロボットの自社開発としては、着ぐるみ用ロボット「RIC90」で知られる[34]。同製品の制御にはV-Sido OSを取り入れ、アスラテックとも様々な連携をしている[35][12]

中川はソフトウェア技術者にも使いやすいロボットを思考[12][4]上田隆一Raspberry Piを搭載したマイクロマウス[36][37]や、唐揚げを操作するマニピュレータ[38]で連携した[39]Robot Operating Systemを研修に取り入れ[40][41]Google機械学習ライブラリTensorFlow」による「ディープラーニング」の講習も企画した[42]2018年には「ROSCon」[注釈 4]の日本ローカル版「ROSCon jp」を立ち上げている[10][9]

社会的活動[編集]

(団体)

(ロボット競技)

(その他)

  • 第7回ロボット大賞ノミネート - 委員会委員[45]

主な受賞歴[編集]

  • 1996年 - 日本ファジィ学会奨励賞[2]
  • 1998年 - 第1回RoboCup JapanOpen98東京 実機小型リーグ優勝(チーム「J-STAR」として)[20][22]
  • 1999年 - 第2回RoboCup JapanOpen99名古屋 実機小型リーグ優勝(チーム「J-STAR」として)[22]
  • 2015年 - ROBOHUB「ロボット業界で知るべき世界の女性25人」[3][4]
  • 2019年 - 計測自動制御学会システムインテグレーション部門 2018年度部門技術業績賞(株式会社アールティとして)[46][注釈 5]

主な著作[編集]

著書[編集]

解説[編集]

TV出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の「日本知能情報ファジィ学会」。2003年に名称変更された(“沿革”. 日本知能情報ファジィ学会. 2018年5月30日閲覧。)
  2. ^ 受賞対象となった講演 - 「マルチメディアに対応したファジィコミュニケーションシステムの提案」、『第11回ファジィシステムシンポジウム』、1995年[14]
  3. ^ 特許公開2000-356674「音源同定装置及びその同定方法」として1999年6月11日に出願され、特許第3195920号「音源同定・分離装置及びその方法」として2001年6月1日に登録された。2019年6月11日が期限。科学技術振興機構により出願・特許登録され、後に株式会社アールティが特許権者に移行した(特許情報プラットフォームで出願情報、登録情報を参照、2018年5月30日閲覧。)。
  4. ^ a b PythonにPyCon(Python Conference英語版)があるように、ROSConはRobot Operating Systemにおける開発者会議[10][9]
  5. ^ 受賞理由 - ロボットのいるくらしに向けた技術・商品の開発・普及と学会・教育への貢献[46]
  6. ^ 事例紹介:ミニ特集 RTミドルウェアコンテスト スポンサーからのメッセージ(doi:10.11499/sicejl.52.782参照)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d TV東京 2012.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 中島智晴「知能情報ファジィ学会第14期理事等役員(内定者)告示」、『知能と情報』第27巻第2号、2015年、69-70頁。
  3. ^ a b c 日本ロボットAIフォーラム2016”. 新エネルギー・産業技術総合開発機構. 2018年5月30日閲覧。
  4. ^ a b c d ロボスタ 2016.
  5. ^ a b c 森山和道 (2005年9月5日). “「ロボLDK~ロボットのいるくらしコンテスト~」開催~ロボットを身近な存在に”. PC Watch. インプレス. 2018年5月30日閲覧。
  6. ^ a b c 三月兎 (2008年10月16日).“ロボットのいる暮らしコンテスト「第5回 ロボLDK」開催”. RobotWatch. インプレス. 2018年5月30日閲覧。
  7. ^ a b 役員等名簿”. 財団案内. 公益財団法人ニューテクノロジー財団. 2018年5月28日閲覧。
  8. ^ a b c マイクロマウス2014実行委員会 委員名簿”. ニューテクノロジー財団. 2018年5月30日閲覧。
  9. ^ a b c d ROSCon JP”. 2018年5月30日閲覧。
  10. ^ a b c d ROSCon JP 2018 のご案内 (2018/04/03)
  11. ^ a b DODA 2014, pp. 1-2.
  12. ^ a b c DODA 2014, p. 3.
  13. ^ a b c d e DODA 2014.
  14. ^ a b c 奨励賞受賞者”. 日本知能情報ファジィ学会. 2018年5月30日閲覧。
  15. ^ 張昆竜、廣田薫、中川友紀子「中心をもつクリーネ代数とドモルガン代数」、『日本ファジィ学会誌』第9巻第1号、1997年、131-139頁。
  16. ^ a b c d 森山 2006.
  17. ^ ヒューマノイド認知”. 研究成果集. 北野共生システムプロジェクト2018年5月28日閲覧。
  18. ^ Y. Nakagawa, H. Okuno and H. Kitano (July 1990). Using vision to improve sound source separation. Proc. of 16th National Conference on Artificial Intelligence (AAAI'99): 768-775.
  19. ^ 大森ほか 2011.
  20. ^ a b 山崎文敬、中川友紀子、秋田純一、名塚一郎、本間淳、瀬々潤、坂敏秀、北野宏明「J-STARサッカーロボットの開発 ― JP/S-Iグループ」、『第12回人工知能学会全国大会論文集』1998年6月、94-95頁、NAID 10011367959
  21. ^ H. Kitano, H. Okuno, K. Nakadai, I. Fermin, T. Sabishch, Y. Nakagawa and T. Matsui (July 2000). Designing a humanoid head for RoboCup challenge. Proc. of The 4th International Autonomous Agent 2000
  22. ^ a b c 各賞報告 機械工学専攻修士課程2年 山崎 文敬”. 早稲田大学. 2019年5月3日閲覧。
  23. ^ 中川 2018.
  24. ^ DODA 2014, p. 1.
  25. ^ 中川友紀子、小林一行、渡辺嘉二郎「小型人型ロボットを用いた教育」、『ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集2004』、2P2-L2-35。
  26. ^ 中川友紀子、松永和之、田中一男「小型人型ロボットを用いたエンジニア教育」、『ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集2005』、1A1-S-027。
  27. ^ 会社概要”. 株式会社アールティ. 2018年5月28日閲覧。
  28. ^ 中川友紀子、関口大陸、園山隆輔、田中泰生、遠山勉、向殿政男山崎文敬、林秀明「ロボLDK2006 ―ロボットのいるくらしコンテスト―」、『ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集2007』、2007年、2A2-I12。
  29. ^ 今福健一、関口大陸、園山隆輔、遠山勉、中川友紀子、向殿政男、山崎文敬「「ロボLDK2007~ロボットのいるくらしコンテスト~」&「神奈川ロボットパーク」 ―ユーザーを巻き込むことによってロボットのニーズを検証する手法―」、『ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集2008』、2008年、2P1-I15。
  30. ^ オープンフォーラム Turtlebot2でロボカップ@ホームに挑戦しよう!”. 第23回日本ロボット学会学術講演会. 2018年5月23日閲覧。
  31. ^ a b 平成21年度事業報告書 平成21年度収支決算書”. 特定非営利活動法人ロボカップ日本委員会. 2018年5月30日閲覧。
  32. ^ a b 平成28年度事業報告書 平成28年度収支決算書”. 特定非営利活動法人ロボカップ日本委員会. 2018年5月30日閲覧。
  33. ^ RobotWatch編集部 (2008年6月4日). “アールティ、ハーフサイズマイクロマウス「Pi:Co」を発売開始 ~技術力向上のための新競技に対応”. RobotWatch. インプレス. 2018年5月30日閲覧。
  34. ^ a b 竹西素子「ビジネスとしての2足歩行プラットフォーム」、『日本ロボット学会誌』第30巻第4号、2012年、356-362頁。
  35. ^ 山田剛良 (2015年5月19日).“ロボットさかなに熱い議論 交流仕組む3人の素顔(1/2ページ)”. “(2/2ページ)”. 2018年5月28日閲覧。原典は『日経MJ』2015年5月18日付。
  36. ^ 2017/03/30に「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発売決定!”. Raspberry Pi Mouse. 株式会社アールティ. 2018年5月23日閲覧。
  37. ^ Raspberry Pi Mouse V2 フルキット”. RT Robot Shop. 株式会社アールティ. 2018年5月23日閲覧。
  38. ^ ロボスタ編集部 (2017年7月10日). “アールティが1.2億円の資金調達! 「次世代型多関節ロボット」の試作機開発へ”. ロボスタ. 2018年5月28日閲覧。
  39. ^ 出版物リスト”. 千葉工業大学先進工学部未来ロボティクス学科知能ロボット研究室. 2018年5月27日閲覧。
  40. ^ 研修担当の皆さまへ”. RT ACADEMY. 株式会社アールティ. 2018年5月30日閲覧。
  41. ^ 望月亮輔 (2017年3月30日). “「ロボット系人材」新卒採用イベントをアールティが初開催、ROS・ラズパイの勉強会やDENSOなどによる会社案内も”. ロボスタ. 2018年5月30日閲覧。
  42. ^ TensorFlowではじめる深層学習ハンズオンセミナー(初級). RT ACADEMY. 株式会社アールティ. 2018年5月30日閲覧。
  43. ^ ロボカップジャパンオープン2015 福井 実行委員会”. ロボカップジャパンオープン2015福井. 2018年5月30日閲覧。
  44. ^ DODA 2014, p. 2.
  45. ^ 第7回ロボット大賞」委員会名簿」、『第7回ロボット大賞事業報告書』、2017年3月8日、7頁、2019年5月3日閲覧。
  46. ^ a b 部門表彰”. 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会. 2019年5月3日閲覧。
  47. ^ 野村泰朗「ロボカップジュニアの現状と課題―科学技術社会に参画する人材の育成―」、『日本ロボット学会誌』第20巻第1号、2002年、30-34頁。
  48. ^ 梶田秀司ほか 「DARPAロボティクスチャレンジ決勝戦でのロボットシステム開発と教訓」、『日本ロボット学会誌』第34巻第6号、2016年、360-365頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

(関連動画)