三毛猫ホームズの卒業論文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの卒業論文』(みけねこホームズのそつぎょうろんぶん)は、日本の小説家赤川次郎によって2003年に発表された三毛猫ホームズシリーズの長編推理小説である。

あらすじ[編集]

水原悠一は、大学の教室で恋人の杵谷淳子とともに卒業論文にとりくんでいた。だが、帰宅直前、水原が何者かに刺されてしまう。一方淳子は、晴美とともに出席した結婚式で、花婿を刺そうとした女性から花婿をかばい、重体に。

これは、二人の卒業論文が原因なのか。二人の卒業論文は、ある事件を扱っており、その事件で警察に捕まったのは真犯人ではない、という結論を出していた。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 警視庁捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

書誌情報[編集]