三毛猫ホームズの暗闇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの暗闇』(みけねこホームズのくらやみ)は、日本の小説家赤川次郎によって1998年に発表された三毛猫ホームズシリーズの短編集である。

あらすじ[編集]

とあるバスに乗り込んだ片山義太郎、晴美、石津、ホームズの一行。だが、そのバスには、殺人犯の家族と、被害者の家族が同乗していた。車内の空気が悪くなる中、バスはトンネルにさしかかる。そのとき、トンネルが崩落し、バスは中に閉じ込められてしまう。そして、車内で殺人が起こった。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 警視庁捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

収録作品[編集]

  • 三毛猫ホームズの暗闇(初出『小説宝石1997年7月号)
  • 三毛猫ホームズの無邪気(イノセント)(初出『小説宝石』1998年1月号)
  • 三毛猫ホームズの涙雨(初出『小説宝石』1998年3月号)
  • 三毛猫ホームズの包囲網(初出『別冊小説宝石』1998年初夏特別号)
  • 三毛猫ホームズの沈没(初出『小説宝石』1998年5月号)

書誌情報[編集]