三毛猫ホームズの最後の審判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの最後の審判』(みけねこホームズのさいごのしんぱん)は、日本の小説家赤川次郎によって2000年に発表された三毛猫ホームズシリーズの長編推理小説である。

あらすじ[編集]

2000年の1月1日にこの世の終わりが来る。晴美の友人の桜井恵利は晴美にこう言った。そして、一緒にあの世へ行こうと晴美を道連れに自爆しようとするが、恵利には友人を殺すことができず、直前になって逃げ出して一人で自爆してしまう。片山(ホームズ)と「教祖様」の対決が始まる。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 警視庁捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

書誌情報[編集]