三毛猫ホームズの恐怖館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの恐怖館』(みけねこホームズのきょうふかん)は、日本の小説家赤川次郎1982年に発表した三毛猫ホームズシリーズの長編推理小説である。

あらすじ[編集]

片山義太郎、晴美、ホームズは、偶然巻き込まれたガス爆発事故の現場で、殺害された女子高生の死体を発見。今度は、片山のアパートの近くで、背中を刺された女子高生の死体を発見した。被害者は二人とも上志学院高校の学生。何か関係があるのだろうか。一方、この高校の怪奇クラブに、女子禁制の掟を破って竹林あかりという美女が入部した。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

書誌情報[編集]

その他[編集]