三毛猫ホームズの恋占い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの恋占い』(みけねこホームズのこいうらない)は、日本の小説家赤川次郎によって1999年に発表された三毛猫ホームズシリーズの短編集である。

あらすじ[編集]

連続殺人犯の恋人を張り込み中に、片山義太郎は、公園のベンチでイチゴの柄のハンカチを拾う。すると、そこに走ってきた女子高生がいた。なんと、その人は、片山義太郎の妻になるのだという。彼女は、人気の占い師に、公園のベンチにハンカチを置いて、それを拾った人があなたの運命の人、と言われたのだった。

彼女は、もう一回ベンチにハンカチを置く。すると今度は、落ち目の中年野球選手がそれを拾ってしまった。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 警視庁捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

収録作品[編集]

  • 三毛猫ホームズの朝帰り(初出『小説宝石1998年8月号)
  • 三毛猫ホームズの恋占い(初出『小説宝石』1999年2月号)
  • 三毛猫ホームズの袋小路(初出『小説宝石』1999年3月号)
  • 三毛猫ホームズと、ある男の死(初出『小説宝石』1999年初夏特別号)
  • 三毛猫ホームズの告別式(初出『小説宝石』1999年5月号)
  • 三毛猫ホームズの頭痛薬(初出『小説宝石』1999年7月号)

書誌情報[編集]