三毛猫ホームズの好敵手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三毛猫ホームズの好敵手』(みけねこホームズのライバル)は、日本の小説家赤川次郎によって1996年に発表された三毛猫ホームズシリーズの短編集である。

あらすじ[編集]

飯田康男と河原茂。この二人は、中学、高校、大学と、常にトップの座を争い続けたライバルであった。だが今では、康男は一流企業の若社長、茂は康男の会社で働く一介の社員。なぜ二人はこんなに違ってしまったのか。そしてホームズにも、ライバルが登場する。

主な登場人物[編集]

  • 片山義太郎 - 警視庁捜査一課のダメ刑事
  • 片山晴美 - 義太郎の妹
  • 石津刑事 - 晴美に恋をする猫嫌いの刑事
  • ホームズ - 三毛猫

収録作品[編集]

  • 三毛猫ホームズの好敵手(初出『小説宝石1995年6月号)
  • 三毛猫ホームズの有給休暇(初出『別冊小説宝石』1995年12月号)
  • 三毛猫ホームズの写真館(初出『小説宝石』1995年12月号)
  • 三毛猫ホームズの殺人カクテル

書誌情報[編集]