ヴィブラニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィブラニウム: Vibranium)とは、マーベル・コミック及びその映画化作品シリーズであるマーベル・シネマティック・ユニバースに登場する架空の金属である。ブラックパンサーの故郷であるワカンダで産出され、彼のスーツに使用されていることで知られている。人工的に作られる南極産のものもあり、これはアンチメタルと呼ばれる。また、キャプテン・アメリカの盾英語版の素材としても有名。

性質[編集]

ダイヤモンド以上の硬度を持ち、ウラン以上のエネルギーを放出する。限界まで振動と運動エネルギーを構成分子内に吸収して硬度を増す。また、そのエネルギーは治癒力を活性化させる効力も持つ。さらに、X-MENに登場するアダマンチウム英語版は限りなくヴィブラニウムに近い金属である(ヴィブラニウムのリバースエンジニアリングの結果生み出されたため)。

映画(MCU)におけるヴィブラニウム[編集]

概要[編集]

遥か太古の昔に、宇宙からの隕石によって地球にもたらされた超鉱石。密売者であるユリシーズ・クロウによると、ワカンダ人は“イシポ(贈り物)”とも呼称していると言われており、地球では、前述の隕石が落下したアフリカ大陸の地中深くに巨大な鉱床を形成し、その地がワカンダとして建国されてから本国がこの鉱石の唯一の採掘地となり、ワカンダ以外での貯蔵量はごく僅かな希少なものでもある。

ダイヤモンド以上の硬度と強度を誇り、且つ軽量だが、それだけでなく最大の特徴は、受けた衝撃をそのまま吸収する作用をはじめ、ウラニウム以上のエネルギーを秘めており、その力で植物をも超常的なパワーを内包するように変異させたり、ナノマシンの素材としても使用可能などの不可思議な特性を有していることである。このことからワカンダでは、ブラックパンサーのスーツは勿論、衣服、装飾品、街、武器、乗り物など、一般の国民の日用品から、専門職に就く者の特殊なツールにまでこの鉱石を加工して取り込み、地球上のあらゆる物品よりも高性能な発明品が多数生み出されている。

ブラックパンサー』の物語開始の26年前に、クロウにより250kg分の鉱石が盗まれたが、それだけの量でも、ワカンダの“グランド・マウンド”と呼ばれる鉱床を基準に見れば微々たるもので、クロウ曰く「ワカンダ国民が建国から数千年かけて鉱床を採掘しても、未だに表面をかすった程度に過ぎない」。即ち現在でも膨大な量の鉱石がグランド・マウンドに存在しているという。そしてワカンダが厳格な鎖国状態をとり続けていたことも相まって、クロウが鉱石を盗んだ後、先代国王ティ・チャカは「ヴィブラニウムはすべてクロウに盗まれた」と国連へ虚偽報告していた。実質的にこの鉱石は、ワカンダが長年独占していると言っても過言ではなかった。

登場作品と主な劇中描写[編集]

アイアンマン2
主人公トニー・スタークの胸に埋め込まれたアーク・リアクターのパラジウムに代わる動力源として登場。ただし、ヴィブラニウムという名称は登場しておらず、後にトニーが開発した新元素は“バッドアシウム”という別物と設定された。
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
第二次世界大戦中の1940年に、トニーの父親ハワード・スターク英語版が発見したが、彼の手元には、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの盾の素材となった分しか存在していなかったことも明言された。
アベンジャーズ
ビッグ3がロキを巡って諍いを起こした際、キャプテン・アメリカのシールドがマイティ・ソームジョルニア英語版の一撃を防ぎ切りその頑丈さが描写された。
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
キャプテン・アメリカのシールドが高所から落ちた際の緩衝材になることが描かれた。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ワカンダのみで採掘されることが明かされ、ウルトロンが自身の究極のボディを造るために密売者であるクロウからヴィブラニウムを入手。その後、ヘレン・チョを操って造らせたボディはアベンジャーズに奪還されてヴィジョンとなった。ウルトロンも自らのボディを自身の手でヴィブラニウムを用いて強化したものに換えるが、アイアンマンのリパルサー、ソーの雷撃、ヴィジョンのビームの同時攻撃の前に赤熱した上で一部が破壊されており、破壊不可能という訳では無い様子。
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
ティ・チャラ/ブラックパンサーがヴィブラニウム製の黒豹を模したスーツを装着しており、マシンガンの掃射を受けても物ともしなかった。
ブラックパンサー
ブラックパンサーの故郷であるワカンダとなったアフリカの大地に、数世紀前巨大なヴィブラニウムの隕石が落ち、これによりワカンダの技術力が向上したことが明かされた。

外部リンク[編集]