アダマンチウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アダマンチウムAdamantium)は、マーベル・コミック発行のアメリカン・コミックに登場する架空の金属合金)。

X-メンのひとり、ウルヴァリンの骨格と爪に結合している物質としてよく知られている。

アダマンチウムは、ライターのロイ・トーマス(Roy Thomas)とアーティストのバリー・ウィンザー=スミス(Barry Windsor-Smith)とシド・ショアーズ(Syd Shores)によって、「Avengers」#66(1969年7月)で、ウルトロンの外殻の一部として登場した[1]。 作中ではアダマンチウムの破壊不能性が大きくクローズアップされた[2]

語源[編集]

アダマンチウムはラテン語を基にした造語で、ラテン語の「adamans」「adamantem」 に由来する英語の名詞と形容詞「adamant」(および派生した形容詞「adamantine」)に、接尾語の「-ium」が追加されたもの。 形容詞「adamant(アダマント)」は、ダイヤモンドのように非常に高い硬度の特性を表現したり、非常に堅固な(難攻不落の)あるいは断固とした立場を表すために古来より使用されてきた(たとえば、「彼は立ち去ることを断固として拒否した (He adamantly refused to leave)」[3] )。 「アダマント(Adamant)」とその文語体「アダマンティン(adamantine)」は、すべてマーベル・コミック作品で「アダマンチウム」が使用される以前に、「妖精の女王 (The Faerie Queene)」、「失楽園 (Paradise Lost)」、「ガリヴァー旅行記 (Gulliver's Travels)」、「トム・ソーヤーの冒険 (The Adventures of Tom Sawyer)」、「指輪物語 (The Lord of the Rings)」、映画 「禁断の惑星 (Forbidden Planet)」( "adamantine steel"として)などの作品で用例が見られる。

製法と特性[編集]

アダマンチウム合金の各成分は、別々の塊(通常は樹脂性のブロック)として準備される。 アダマンチウムは、これらのブロックを一緒に溶融し、樹脂が蒸発する間に各成分を混合することで調製される。 液化した合金は8分以内に鋳造する必要がある。

アダマンチウムは、非常に安定した分子構造を備えているため、一旦固化した後では十分な温度を加えてもそれ以上加工することはできない。

固体では、高グレード鋼やチタンのように、光沢のある暗灰色を呈する[4] 。 固体のアダマンチウムはほぼ破壊不可能で、鋭い刃状に成形された場合、最小限の力でほとんどの固体に切り込むことができる[5]

ウルヴァリンは、X-メンの宿敵アポカリプスの実験室でアダマンチウムが定着された頭蓋骨を発見し、「永い間ここにいたようだ」とつぶやいた[6]

使用例[編集]

アダマンチウムはマーベル・コミックの様々な作品に登場する。

  • ウルヴァリンの骨格と爪[9]
  • セイバートゥースの骨格と爪[10]
  • レディ・デスストライクの骨格と鉤爪[11]
  • X-23の爪[12]
  • ブルズアイ(Bullseye、デアデビルに登場するヴィラン)の脊椎骨[13]
  • ロシアン(Russianパニッシャーに登場するヴィラン)の身体(クレイコプフ将軍 (General Kreigkopf)によるサイボーグ蘇生手術後)[14]
  • デッドプールの刀

別バージョン[編集]

セカンダリー・アダマンチウム[編集]

マーベル・コミックはいくつかのタイトルで、「真の」アダマンチウムの亜種として「セカンダリー・アダマンチウム (Secondary adamantium)」を登場させている[15][16][17][18]。 これはアダマンチウム製の機械や武器が破壊された理由を説明するためとされる。 例えば、

  • スーパーコンピューター「F.A.U.S.T.」の筐体[19]
  • 「F.A.U.S.T.」とブラスター (Blastaar、ファンタスティック・フォーのヴィラン)によって製作されたスティルトマン(Stilt-Man、竹馬男の意味。伸縮する脚部を備えたアーマーを着用した、デアデビルのヴィラン)のアーマースーツ[20]
  • エグザイル・アイランド (Exile Island)の周囲に設置された格納式保護ドーム[21]
  • ウルトロンのコピー軍団[22]

などがある。

アルティメット・マーベル[編集]

アルティメット・マーベル世界でのアダマンチウムは、テレパスによる精神探査や攻撃に対する防御能力を持つ。

アルティメット版のウルヴァリンとレディ・デスストライクに用いられているアダマンチウムは破壊不可能性を持つが、「アルティメイツ(Ultimates)」#5で、ハルクがアダマンチウム製のニードルを破壊し、「アルティメット・X-メン(Ultimate X-Men)」#11(2001年12月)ではアダマンチウム製のケージが爆弾によって損傷を受け、「アルティメット・X-メン」#12(2002年1月)では、セイバートゥースの4つのアダマンチウムの爪の1つが壊されている。

関連事項[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Walker, Karen (February 2010). “Ultron: The Black Sheep of the Avengers Family”. Back Issue! (TwoMorrows Publishing) (38): 23?30. 
  2. ^ Brevoort, Tom; DeFalco, Tom; Manning, Matthew K.; Sanderson, Peter; Wiacek, Win (2017). Marvel Year By Year: A Visual History. DK Publishing. p. 136. ISBN 978-1465455505 
  3. ^ "adamant - definition of adamant". Oxforddictionaries.com.
  4. ^ Avengers (vol.1) #201-202 (1980年11-12月)
  5. ^ X-Men (vol.1) #139 (1980年11月)
  6. ^ Wolverine: The Jungle Adventure (1990年)
  7. ^ Captain America #303 (1985年3月)
  8. ^ Official Handbook of the Marvel Universe, Vol.1 #2: From Baron Mordo to The Collective Man (February 1983). Entry: "Captain America", pg. 22
  9. ^ X-Men #98 (1976年4月) (w)Chris Claremont
  10. ^ Wolverine vol. 2 #126
  11. ^ Uncanny X-Men #205
  12. ^ X-23: Target X
  13. ^ Daredevil Vol.1 #197
  14. ^ Garth Ennis (w), Steve Dillon (p), Jimmy Palmiotti (i), Chris Sotomayer (col), RS and Comicraft's Wes Abbott (let), Stuart Moore (ed). "Dirty Work" The Punisher vol. 6, ##4 (2001年10月), United States: Marvel Comics
  15. ^ Michael Austin: "Marvel: Every Type Of Adamantium, Explained". CBR.com (February 27, 2020). Retrieved June 3, 2020.
  16. ^ "Adamantium". Marvel.com. Retrieved June 3, 2020.
  17. ^ "Adamantium". Marvel Directory.com. Retrieved June 3, 2020.
  18. ^ "Adamantium". The Official Handbook of the Marvel Universe Deluxe Edition #1: Abomination to Bartroc's Brigade, pg. 5 (Marvel, August 1985)
  19. ^ Marvel Team-Up Vol.1#18(1974年2月)
  20. ^ Thor Vol.1#269(1978年3月)
  21. ^ Super-Villain Team-Up #17(1980年6月)
  22. ^ "This Evil Triumphant!"Avengers (vol.3)#22(1999年11月)