ローシュ・ハッシャーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローシュ・ハッシャーナー(ティベリア式ヘブライ語ראש השנה, Rō’š hašŠānāh, ラテン語 Exordium Anni)はユダヤ暦新年祭。(haŠanah)の(roš)という意味である。ロシュ・ハシャナとも表記される。ハショノ(haŠonoh)はイディッシュ的発音である。

モーセに仰せになった。
イスラエルの人に告げなさい。
第七の月の一日は安息の日(安息日ではない)として守り、角笛を吹き鳴らして記念し、
聖なる集会の日としなさい。あなたたちはいかなる仕事もしてはならない。
燃やして主にささげる献げ物を携えなさい。

主はモーセに仰せになった。
第七の月の十日は贖罪日である。聖なる集会を開きなさい。
あなたたちは苦行をし、燃やして主にささげる献げ物を携えなさい。
この日にはいかなる仕事もしてはならない。この日は贖罪日であり、
あなたたちの、主の御前においてあなたたちのためにの贖いの儀式を行う日である。…」
(レビ記23:23~28)

広義には、ティシュリーの月1日から10日のヨーム・キップールまで続く期間を指すが、狭義には特に1日・2日を指す。

ティシュリーの月1日にラビシナゴーグ角笛ショーファールラッパ)を吹く。安息日には楽器演奏しない、というミツワーがあるため、ロシュ・ハシャナの初日が安息日に当たる場合、2日目に角笛を吹く。この際、テキヤ、テルア、シェバリーム、などといった独特の吹き方をする。

イスラエルでは、祝日の期間は新聞・官公庁・ほとんどの会社も休みとなる。

「年の頭」に因んでの頭を食べたり、甘い(良い)新年を願って、蜂蜜をかけたリンゴパンツィメス柘榴などが食べられる。また、ユダヤ教徒用のいわゆる「年賀状」であるローシュ・ハ・シャナーを祝祭する手紙には、原則として蜂蜜がかけられているリンゴが描かれていることが多く、その手紙はユダヤ暦で「1月」に相当するティシュレー月の初旬だけではなくユダヤ暦で「12月」に相当するエルール月の月末ごろから送られることがある。そして、ユダヤ教徒のあいだにおける新年の挨拶はヘブライ語で「良い年」を意味する「シャナー・トバー(שנה טובה)」である。

前述のヨーム・キップールまでの10日間は「畏れの日々 Yamim Nora'im」であり、敬虔なユダヤ教徒は悔い改めをしたり、和解をしたりする。

タシュリーフ Tašlikh[編集]

「あなたのような神が他にあろうか
咎を除き、を赦される神が。
神は御自分の嗣業の民の残りの者に
いつまでも怒りを保たれることはない
神は慈しみを喜ばれるゆえに。
嗣業の民の残りのものに、
主は再び我らを憐れみ
我らの咎を抑え
すべての罪を海の深みに投げ込まれる。
どうか、ヤコブにまことを
アブラハムに慈しみを示してください
その昔、我らの父祖にお誓いになったように」(ミカ書7:18-20)

1日の午後にはのある場所(海岸、橋の上など)に行き、上記の箇所を朗読し、ポケットの中にあるごみ(作ったもの)を捨てる。15世紀以来の習慣。

対照表[編集]

年別ユダヤ暦西暦対照表
ユダヤ暦 日没後に開始 日没前に終了
5763年 2002年 - 9月6日 2002年 - 9月8日
5764年 2003年 - 9月26日 2003年 - 9月28日
5765年 2004年 - 9月15日 2004年 - 9月17日
5766年 2005年 - 10月3日 2005年 - 10月5日
5767年 2006年 - 9月22日 2006年 - 9月24日
5768年 2007年 - 9月12日 2007年 - 9月14日
5769年 2008年 - 9月29日 2008年 - 10月1日
5770年 2009年 - 9月18日 2009年 - 9月20日
5771年 2010年 - 9月8日 2010年 - 9月10日
5772年 2011年 - 9月28日 2011年 - 9月30日
5773年 2012年 - 9月16日 2012年 - 9月18日
5774年 2013年 - 9月4日 2013年 - 9月6日
5775年 2014年 - 9月24日 2014年 - 9月26日
5776年 2015年 - 9月13日 2015年 - 9月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]