ロリス・カリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロリス・カリウス Football pictogram.svg
Loris Karius.jpg
リヴァプールFCでのカリウス (2018年)
名前
本名 ロリス・スヴェン・カリウス
Loris Sven Karius
ラテン文字 Loris Karius
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1993-06-22) 1993年6月22日(28歳)
出身地 ビーベラッハ・アン・デア・リース
身長 189cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 リヴァプールFC
ポジション GK
背番号 22
利き足 右足
ユース
1998-2000 ドイツの旗 FV Biberach
2000-2001 ドイツの旗 SG Mettenberg
2001-2005 ドイツの旗 SSVウルム1846
2005–2009 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト
2009–2011 イングランドの旗 マンチェスター・シティFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011–2014 ドイツの旗 1.FSVマインツ05 II 27 (0)
2012-2016 ドイツの旗 1.FSVマインツ05 91 (0)
2016- イングランドの旗 リヴァプールFC 29 (0)
2018-2020 トルコの旗 ベシクタシュJK (loan) 55 (0)
2020-2021 ドイツの旗 1.FCウニオン・ベルリン (loan) 4 (0)
代表歴
2008-2009  ドイツ U-16 3 (0)
2009  ドイツ U-17 1 (0)
2010  ドイツ U-18 1 (0)
2011  ドイツ U-19 1 (0)
2012  ドイツ U-20 1 (0)
2014  ドイツ U-21 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年7月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロリス・スヴェン・カリウス(Loris Sven Karius, 1993年6月22日 - )は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州ビーベラッハ・アン・デア・リース出身のサッカー選手リヴァプールFC所属。ポジションはゴールキーパー(GK)

来歴[編集]

2009年からイングランドマンチェスター・シティFCのユースチームに所属していた[1]。その後ドイツへ帰り、2012年に1.FSVマインツ05でプロデビューを果たす。

2016年5月24日、リヴァプールFCに移籍した。ユルゲン・クロップ監督が連れてきたGKとあって、当初シモン・ミニョレに代わり正ゴールキーパーと考えられていたが、不安定なパフォーマンスが多く、控えGKとなるも、2017-18年シーズンの12月頃より安定したパフォーマンスを見せ、再び正GKに返り咲きプレーしている[2]

2018年5月26日、リヴァプールの正GKとしてCL決勝レアル・マドリード戦の地に立ったが、後半6分に投げたボールをカリム・ベンゼマに当ててしまい先制されると、続く83分にはガレス・ベイルの放った無回転弾をファンブルするというミスを犯して3点目を与えてしまった。2つの致命的なミスの影響を大きく受けて、快進撃を続けたチームは1-3で敗れ、優勝を逃す結果となった[3]。試合後、カリウスは涙を流してサポーターに謝罪したが、サポーターからも批判の声が多く、リヴァプールOBのディートマー・ハマンはその様子に苦言を呈している[4]

試合後にチャンピオンズリーグ決勝での2つの致命的なミスはチームメイトがセルヒオ・ラモスを押し倒した際に接触したことによる一時的な脳震盪の所為だと本人は仄めかしたが[5]、翌シーズン、7月10日に行われたプレシーズンマッチ・トランメア・ローヴァーズFC戦でまたもキャッチミスをするなど不安定なプレーが散見された。ユルゲン・クロップ監督はカリウスを擁護したが、新しくASローマからアリソン・ベッカーを獲得した。2018年8月25日にベシクタシュJKへ、契約期間2年でのローン移籍が発表された[6]

ベシクタシュでは正GKの座に落ち着いたが、監督との不仲やクラブ側の給料未払いの問題もあり退団も希望する[7]。さらには彼女の車に落書きを受けるなど、サポーターからの信頼も薄れた[8]。一旦は批判の声が落ち着いたものの、 2019-20シーズン開始直後のUEFAヨーロッパリーググループステージ・ŠKスロヴァン・ブラチスラヴァでルーズボールの処理を見誤り失点したことでサポーターからの批判が再燃した。

2020年5月4日、ベシクタシュとの契約解除を発表[9]。形式上リヴァプールに復帰したものの、事実上構想外となっており、9月には1.FCウニオン・ベルリンへのローン移籍の可能性が報じられ[10][11]、同月28日にウニオンへのローン移籍が決定した[12]

個人成績[編集]

2020年3月7日現在
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マインツ 2012–13 ブンデスリーガ 1 0 0 0 - - 0 0 1 0
2013–14 23 0 0 0 - - 0 0 23 0
2014–15 33 0 1 0 - 2 0 0 0 36 0
2015–16 34 0 2 0 - - 0 0 36 0
通算 91 0 3 0 - 2 0 0 0 96 0
リヴァプール 2016-17 プレミアリーグ 10 0 3 0 3 0 - 0 0 16 0
2017-18 19 0 1 0 0 0 13 0 0 0 33 0
通算 29 0 4 0 3 0 13 0 0 0 49 0
ベシクタシュ 2018-19 スュペル・リグ 30 0 0 0 - 5 0 0 0 35 0
2019-20 25 0 2 0 - 5 0 0 0 32 0
通算 55 0 2 0 - 10 0 0 0 67 0
ウニオン・ベルリン 2020-21 ブンデスリーガ 4 0 1 0 - - 0 0 5 0
通算 4 0 1 0 - - 0 0 5 0
総通算 179 0 10 0 3 0 25 0 0 0 217 0
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
マインツⅡ 2011-12 レギオナルリーガ 18 0 18 0
2012-13 6 0 6 0
2013-14 3 0 3 0
総通算 27 0 27 0


脚注[編集]

  1. ^ Loris Karius im Interview: "Für sie war ich der Kleine" SPOX.com 2015年2月13日
  2. ^ Jurgen Klopp to end goalkeeper rotation as Liverpool boss ready to make Loris Karius the undisputed first choice stopper”. The Daily Mail (2018年2月14日). 2018年4月15日閲覧。
  3. ^ 「何度も何度もあの場面が頭をよぎる…」カリウスが苦しい胸の内を吐露もサポートに感謝goal.com 2018年5月27日
  4. ^ リヴァプールOB、GKカリウスの試合後の行動を批判「同情はわずか」サッカーキング 2018年5月31日
  5. ^ カリウス、昨季CL決勝を振り返り…「S・ラモスには一切謝られていない」goal.com 2018年9月25日
  6. ^ Loris Karius joins Besiktas on two-year loan Liverpool FC (2018/8/25)
  7. ^ 「もうここにはいられない」災難続きの香川同僚GKが我慢の限界…自ら契約終了を求めるゲキサカ 2019年3月21日
  8. ^ 香川真司同僚GKの彼女の車にサポーターが落書き。残留に反対で…フットボールチャンネル 2019年5月29日
  9. ^ LORIS on Instagram: “Hi everyone, today I terminated my contract with BEŞİKTAŞ. It’s a shame it comes to an end like this but you should know that I have tried…”” (英語). Instagram. 2020年5月4日閲覧。
  10. ^ ウニオン、リヴァプールからカリウスをレンタルか”. キッカー日本語版 (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  11. ^ カリウス、月曜にもウニオンでメディカルチェック”. キッカー日本語版 (2020年9月28日). 2020年9月28日閲覧。
  12. ^ ウニオン、リヴァプールからカリウスをレンタル”. キッカー日本語版 (2020年9月28日). 2020年9月29日閲覧。

外部リンク[編集]