ルンペンプロレタリアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルンペンプロレタリアート:Lumpenproletariat)とは、日雇いなど種々雑多の最下層の労働者階級の蔑称を指す。略して「ルンプロ」ともいう。またこの言葉より派生して日本で浮浪者を指してルンペンと称することもある。

歴史[編集]

カール・マルクスは、『共産党宣言』(1848年)や『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』(1852年)において、無産階級労働者階級の中でも革命意欲を失った極貧層を「ルンペンプロレタリアート」と定義した。中でも『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』でルイ・ボナパルト(後のナポレオン3世)の支持組織「12月10日会」の背景と構成を説明するくだりで、「ルンペンプロレタリアート」の「職業」を以下のように述べている。

なんで生計を立てているのかも、どんな素性の人間かもはっきりしない、おちぶれた放蕩者とか、ぐれて冒険的な生活を送っているブルジョアの子弟とかのほかに、浮浪人、兵隊くずれ、前科者、逃亡した漕役囚、ぺてん師香具師ラッツァローニ[1]すり手品師ばくち打ちぜげん、女郎屋の亭主、荷かつぎ人夫、文士、風琴ひき、くず屋、鋏とぎ屋、鋳かけ屋、こじき、要するに、はっきりしない、ばらばらになった、浮草のようにただよっている大衆、フランス人がラ・ボエムと呼んでいる連中

『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』(大月文庫版)p.89~90

ただしマルクスのルンペンプロレタリアートの定義は一定していない。最初にルンペンプロレタリアートを「最下層の腐敗物」と位置付けた頃のマルクスは、ルンペンプロレタリアートのイメージとしてジプシーを想定していたようである[2]。ジプシーは芸能や占い、魔術などマルクスの毛嫌いする仕事で金を稼ぐ者が多かったためである[3]

しかし後にマルクスはルンペンプロレタリアートの範囲を拡張させている。『フランスにおける階級闘争』(1850年)の中では最富裕層である金融ブルジョワジーを「ブルジョワジーの上層に再生したルンペン・プロレタリアート」と定義している[4]。「生産せずに既存の他人の富を誤魔化して金持ちになる」とされたためである[4]。また『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』ではルンペンプロレタリアートを「あらゆる階級の中のクズ、ゴミ、カス」と呼んでいる[4]

結局、最終的には「政治的に変節しやすい」あるいは「犯罪に走りやすい」ことのみがルンペンプロレタリアートの基準となっていたようである[5]。ルンペンプロレタリアートは「信用ならない」「反革命の温床になる」と『共産党宣言』にて位置づけられ、共産主義運動から退けた。

この背景にはルイ・ボナパルトのクーデターフランス第二共和政を崩壊させてしまったことから来るマルクスの憤りが含まれている。ルイ・ボナパルトの支持者にはマルクスが「ルンペンプロレタリアート」と呼ぶ者が多く含まれていた[6]し、フランス第二帝政をルンペンプロレタリアートによって支えられた体制として捉えていた。

これに対し、ルンペンプロレタリアートを革命の基盤として評価したのが、ミハイル・バクーニンである。バクーニンは、ルンペンプロレタリアートは貧困に苦しむ「下層の人々」であるが故に「ブルジョワ文明による汚染をほとんど受けておらず」、だからこそ「社会革命の火蓋を切り、勝利へと導く」存在でと捉えた[7]

日本の左翼運動とルンペンプロレタリアート[編集]

1972年1月1日連合赤軍山岳ベース事件の中で、進藤隆三郎に対して「総括」と呼ばれる集団リンチ殺害を行った際に、その理由を「ルンペンプロレタリアート」とした。

日本の新左翼にはルンペンプロレタリアートと連携する動きもある。例えば、革命的労働者協会(解放派)の拠点労組には東京(山谷)、沖縄、大阪(釜ヶ崎)、福岡の日雇労働者組合が含まれている。また、共産主義者同盟赤軍派の残党は東京の山谷でNPOを組織してオルグをしているとされる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ 岩波文庫版では「立ちん坊」、大月文庫版では「イタリア語で乞食」とある。
  2. ^ 横張(1999) p.98
  3. ^ 横張(1999) p.98-99
  4. ^ a b c 横張(1999) p.105
  5. ^ 横張(1999) p.103
  6. ^ 同上p.57~58
  7. ^ On the International Workingmen's Association and Karl Marx, Mikhail Bakunin, 1872.