ゴプニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルシチョフカの典型的なゴプニク

ゴプニクロシア語: го́пник, gópnik, ロシア語発音: [ˈgopnʲɪk], ウクライナ語: гопники, gopnyky, ベラルーシ語: гопнік, gopnik)とは、ロシアウクライナベラルーシや他の元ソ連構成国下位文化の一種である。たいていはロシアの郊外に住む、まともな教育を受けていない、低所得の下層階級の一族の若い男性(または女性)をさす。

女性形ゴプニツァロシア語: го́пница, gópnica, ロシア語発音: [ˈgopnʲɪt͡sə])。 集合名詞ゴポタロシア語: гопота́, gopotá, ロシア語発音: [gəpəˈta])。

ゴプニクの下位文化はロシア帝国後期を起源とし、20世紀にソ連の多くの都市で発達した。2010年代後半にはそのほとんどが衰退したにもかかわらず、A.U.E.英語版などのゴプニクに似た若者のギャングが未だにロシアや他のスラヴ諸国バルト諸国に存在する。

語源[編集]

ひったくり」を意味するロシア語のスラングゴプ・ストップロシア語: го́п-сто́п, góp-stóp, ロシア語発音: [gop stop])に由来する[1]

一方で、市慈善協会(ロシア語: Городско́е О́бщество Призре́ния, Gorodskóje Óbščestvo Prizrénija, ロシア語発音: [gərɐt͡sˈkoje ˈopɕːɪstvə prʲɪzˈrʲenʲɪjə])の頭文字である GOP とも関係があると思われる[1]

外見とふるまいの固定観念[編集]

スラヴ・スクワット

ゴプニクはよく、フルシチョフカや学校の外に集まり、かかとを地面に着けながらスラヴ・スクワット、日本で俗に言う「ヤンキー座り」をしている。これは冷たい地面に座ることを避けるというロシアの刑務所の文化から来ている。

ゴプニクはよく、アディダスプーマ(ほとんどはアディダス)のトラックスーツを着ている。これは、1980年モスクワオリンピックソビエト連邦選手団から普及した。それに加え、平たい帽子やアディダスのバックパック革靴を着用していることもある。

ひまわりの種(ロシア語: се́мки, sémki, ロシア語発音: [ˈsʲemkʲɪ] もしくは се́мечки, sémečki, ロシア語発音: [ˈsʲemʲɪt͡ɕkʲɪ])は特にウクライナとロシアのゴプニク達にとって常食である。

ゴプニクと言えばしばしば、安いアルコール飲料や低品質のウォッカ、軽いビールやクワス、安いタバコ、安っぽい携帯電話、ハードベース(電子音楽の一種)、時には銃などが連想される。また、彼らは汚い言葉を話したり、粗末に振る舞ったりする。 ゴプニクはしばしば、ラーダや古いBMWを主に輸送手段として運転する。また自らをゴプニクと自称する者たちは自虐的にこの文化の担い手である事を面白可笑しく表現しており、一部の動画がYouTube上で爆発的に再生されている。

ゴプニク達は頻繁に政治的な思想としてロシア民族主義英語版パン・スラヴ主義を唱えており、さらには左翼極右のゴプニクまで存在する。一般的にゴプニク達は強い反西側的な思想を持っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Британский исследовательский центр предлагает отказаться от слова "гопник"”. Англия, Великобритания: энциклопедия, новости, фото. Всё об Англии и про Англию. Аделанта (2008年7月17日). 2012年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。