カール・コルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・コルシュ
生誕 (1886-08-15) 1886年8月15日
死没 (1961-10-21) 1961年10月21日(75歳没)
時代 20世紀哲学
地域 西洋哲学
学派 マルクス主義
研究分野 政治社会学
テンプレートを表示

カール・コルシュ(Karl Korsch、1886年8月15日 - 1961年10月21日)は、ドイツ出身のマルクス主義理論家。

経歴[編集]

ハンブルク近郊のトステットという町にある銀行頭取の家庭に生まれる。ギムナジウム修了後、ミュンヘンベルリンジュネーヴイェーナの各大学で学び、1911年イェーナ大学で法学博士号を受けている。1912年に大学のすすめでロンドンに渡り研究を続けたが、このときフェビアン協会の会員となっている。

第一次世界大戦が始まるとドイツに帰り軍務に就くが、反戦的言動のため予備役少尉から下士官に降等され、前線に勤務し2度にわたり負傷して1918年には中尉の地位にありながらも国際主義平和主義的な社会主義の立場をとる。1919年ドイツ独立社会民主党に加入し、翌年の合同により自動的にドイツ共産党員となる。コルシュ自身は共産党との合同に反対だったという。

1923年テューリンゲンの社共連合政府の法務大臣となり、1924年に共産党の国会議員に選ばれ、コミンテルン第5回大会に出席している。国会内では極左派(国際共産主義グループ)として独ソ通商条約に反対し、ソビエト連邦の対外政策を「赤色帝国主義」と批判したため、1926年に共産党から除名された。決定的左派(Entsheidende Linke)を形成し機関誌『共産主義政治』の編集にあたったが、1928年に国会議員を辞職してからは特定の政治組織と関係を持つことはない。

1933年に国外に亡命ベルトルト・ブレヒトと出会った。1936年アメリカ合衆国に移住し、1940年代には『国際評議会通信』誌や季刊誌『生きたマルクス主義』に寄稿する。

1961年マサチューセッツ州ベルモントで死去。

思想と影響[編集]

1920年代のコルシュは、マルクス主義の中の史的唯物論をマルクス主義自身の発展に適用しようと試みた。ロシア革命の成立によりウラジーミル・レーニンの弟子たちの政治解釈が神託として降りてくるようになり、ロシアやドイツでは史的唯物論が実証科学のように固定し、主観的・行動的側面をおろそかにし始めた状況を危惧していたのである。ドイツではコルシュの思想はルカーチ・ジェルジと共有され、コミンテルン議長のグリゴリー・ジノヴィエフによってその「哲学的偏向」を批判されている。1930年代後半からコルシュは科学論と記号論理学に傾斜し、ソ連に対する「プロレタリア独裁ではなく、プロレタリアに対する独裁」という批判を通り越して、強硬な反共主義者となった。コルシュは福本和夫などによって部分的に日本共産主義者に紹介されたが、すぐに忘れられた。

著作[編集]

  • 『マルクス主義と哲学』Marxismus und Philosophie 1966年
  • 『カール・マルクス』Karl Marx 1967年
  • Arbeitsrecht für Betriebsräte 1968年
  • 『社会化における基本問題』Schriften zur Sozialisierung 1969年

外部リンク[編集]