シチュアシオニスト・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シチュアシオニスト・インターナショナル(SI)とは前衛芸術家、知識人、政治理論家らによって形成された社会革命的国際組織である。ヨーロッパにおいて1957年の結成から1972年の解散にかけて知られている。 [1]

シチュアシオニスト・インターナショナルの知的基盤は主にダダを初めとする20世紀の前衛芸術運動から派生している。[1] 現在の資本主義はマルクスの見たものとは異なっているとは認めるものの、資本家的生産様式という彼の分析はいまだ有効であるとする。また、疎外理論をはじめとする古典的マルクス主義概念を拡張する。[1]これらマルクス主義理論の拡大解釈の中で、彼らは社会的疎外や商品崇拝の惨禍はもはや資本主義の基底要素を超えて、文化や生活といった日常の全ての領域に及んでいると主張した。[1] 彼らは進歩と言われる高度資本主義の成功を、社会的機能不全、日常の劣等化を引き起こしたとして、退ける。[1]

形成された当時は、サイコジオグラフィーやユニタリー・アーバニズムといった概念に重点を置いた芸術的側面が支配的であった。[1] それが徐々に、革命的、政治的理論の方向に重点を移していく。[1] そして1967、68年に頂点に達する。以下2つの重要なテキストによって。[ドゥボール]ギー・ドゥボール「スペクタクルの社会」、Raoul Vaneigem「The Revolution of Everyday Life」。 上記の二つの著作と政治理論のテキストは、他のシチュアシオニストの出版物に伴って、フランス1968年5月暴動を以って、その背後からの影響力を証明した。彼らのテキストや出版物からの引用、フレーズ、およびスローガンが、蜂起の際にフランス全体のポスターや落書きに偏在していた。[1]


主要な概念[編集]

スペクタクルとその社会[編集]

スペクタクルギー・ドゥボールによって、著作「スペクタクルの社会」の中で用いられた用語で、シチュアシオニスト理論の中心概念である。狭義では"その最も明白で表在する兆候"であるマスメディアを指す"[2] ドゥボールによれば20年代後半がスペクタクルの到来とされる。[3][4]

 スペクタクルの批判は有用商品へのフェティシズム、具象化、疎外、といったマルクスの概念[5]、またカーチ・ジェルジによって1923年に再演された方法の適用と発展である。スペクタクルの社会においては、商品が労働者と消費者に代わって統治する。消費者はスペクタクルの現前を望む受動的な対象である。

注記[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Plant, Sadie (1992). The Most Radical Gesture. New York: Routledge. ISBN 978-0-415-06222-0. 
  2. ^ Debord (1967) thesis 24
  3. ^ Brush (2005) pp. 377–8
  4. ^ Debord (1988) Comments on the Society of the Spectacle, II
  5. ^ Guy Debord (1967) Society of the Spectacle.