モプティ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モプティ州
‎La région de Mopti
位置
Mali - Mopti.svg
マリ共和国におけるモプティ州(塗りつぶし部)。
管理
: マリ共和国の旗 マリ
州都: モプティ
知事: -
: 8
コミューン: 108
人口統計
人口(2009年)
 • 人口密度:
2,037,330人
 • 26人/km²
地理
面積: 79,017 km²
等時帯: WATUTC+0
ISO 3166-2: ML-5
テンプレートを表示

モプティ州(Mopti Region)は、マリ共和国の州。州都はモプティ

歴史[編集]

モプティ州の地域は、1820年にはマシーナ帝国英語版の支配下に入った。その後トゥクロール帝国英語版の支配下に入った。

19世紀末にはフランス領となった。

地理[編集]

マリ中央部に位置し、北をトンブクトゥ州、南をブルキナファソ、西をセグー州と接する。 ニジェール川が州の中央部を貫流しており、最大の支流であるバニ川が州都モプティでニジェール川と合流する。そのため、州中央部は広大な内陸デルタ地帯となっている。マリ最高峰である標高1153mのオンボリ山もモプティ州にある。気候的には、モプティ州は全域がサヘルに属する。

住民[編集]

住民はバンバラ人フラニ人ドゴン人ソンガイ人ボゾ人英語版が多い。州東部にはバンディアガラの断崖があり、ドゴン人が多く住む。

交通機関[編集]

モプティには空港がある。ニジェール川は交通の大動脈となっており、増水期には西のクリコロセグー、東のトンブクトゥガオまで船が就航する。

産業[編集]

この地域は灌漑農業が盛んで、ニジェール川の漁業や内陸デルタの稲作も行われている。

観光地としては、世界遺産であるジェンネ泥のモスクやバンディアガラの断崖に住むドゴン人の集落などがあり、世界中から観光客が訪れる。

行政区画[編集]

モプティ州の

モプティ州は、8圏に分かれている。

  1. バンディアガラ圏 --- バンディアガラ英語版
  2. バンカス圏 --- バンカス英語版
  3. ジェンネ圏 --- ジェンネ
  4. ドゥエンツァ圏 --- ドゥエンツァ英語版オンボリ英語版
  5. コロ圏 --- コロ英語版
  6. モプティ圏 --- モプティセーヴァレー英語版コンナ英語版
  7. テネンクー圏 --- テネンクー英語版
  8. ユーワルー圏 --- ユーワルー英語版

2001年時点の人口は2,037,330人。