家島彦一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
家島 彦一
人物情報
生誕 1939年10月??
日本の旗 日本東京都
出身校 慶應義塾大学
学問
研究分野 歴史学
研究機関 東京外国語大学
学位 文学博士
テンプレートを表示

家島 彦一(やじま ひこいち、1939年10月 - )は、日本の歴史学者、東京外国語大学名誉教授、元早稲田大学教育・総合科学学術院(教育学部社会科地理歴史専修)特任教授。専門は歴史学イスラーム商業史。

経歴[編集]

1939年、東京生まれ。1962年慶應義塾大学文学部史学科を卒業。1966年、同大学院博士課程中退。在学中は、前嶋信次に師事した。1974年「イエメン・ラスール朝史に関する新写本の校訂とその史料価値の分析」を提出して文学博士

1966年より東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所アラビア部門助手。75年助教授、87年教授、1998年より宇都宮大学国際学部併任教授。2002年に東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所を定年退官[1]、東京外国語大学名誉教授、早稲田大学教育学研究科特任教授。

受賞・栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『イスラム世界の成立と国際商業―国際商業ネットワークの変動を中心に』(岩波書店「世界歴史叢書」、1991年)
  • 『海が創る文明―インド洋海域世界の歴史』(朝日新聞社、1993年)
  • 『イブン・バットゥータの世界大旅行―14世紀イスラームの時空を生きる』(平凡社新書、2003年)
    • 『イブン・バットゥータの世界大旅行―14世紀イスラームの時空を生きる』(平凡社ライブラリー、2022年)- 改訂版
  • 『海域から見た歴史―インド洋と地中海を結ぶ交流史』(名古屋大学出版会、2006年)
  • イブン・ジュバイルイブン・バットゥータ』(山川出版社〈世界史リブレット〉、2013年)
  • 『イブン・バットゥータと境域への旅―「大旅行記」をめぐる新研究』(名古屋大学出版会、2017年)

訳注[編集]

第一の書・著者不明、第二の書・スィーラーフ出身のアブー・ザイド・アル=ハサン著述
  • イブン・ファドラーン『ヴォルガ・ブルガール旅行記』(平凡社東洋文庫、2009年9月)
  • 『インドの驚異譚』(全2巻、ブズルク・ブン・シャフリヤール編、平凡社東洋文庫、2011年10月-12月)
  • メッカ巡礼記 旅の出会いに関する情報の備忘録』(全3巻、イブン・ジュバイル著述、平凡社東洋文庫、2016年1月-5月)

共著[編集]

  • 上岡弘二)『インド洋西海域における地域間交流の構造と機能』(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、1979年)

脚注[編集]

  1. ^ 家島彦一教授-略年譜と主な研究業績」『アジア・アフリカ言語文化研究』第63号、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、2002年3月、 311-317頁、 ISSN 03872807NAID 120000991722

関連項目[編集]