ソンガイ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソンガイ族の男性(マリ共和国・2012年)

ソンガイ族Songhai)はニジェール川の中流でマリ共和国東部やニジェール共和国南西部に居住する部族。ソンライ族、ソンゴイ族とも呼ばれる。主にニジェール南西部に居住するジェルマ人英語版とは近縁関係にあり、言語・文化も共通しているため、総称してジェルマ・ソンガイ人と呼ばれることもある[1]

言語[編集]

ナイル・サハラ語派に属するソンガイ語英語版を話す。

歴史[編集]

1464年ソンガイ帝国を建国し、トンブクトゥを中心としてイスラムの文化が繁栄した。

文化[編集]

ミレットコーラなどの栽培のほか、ヤギラクダロバなどの飼育を行い、生活の基礎としている。そのほかニジェール川での漁撈も盛んである。

社会的にはアラブとの混血であるアルマと呼ばれる貴族階級と、スーダンニグロ系のガビビ: gabibi)と呼ばれる農民、ソルコ: Sorko)と呼ばれる漁民とで階層社会を形成している。そのほか、工芸職人のカースト制度が取り入れられており、鍛冶皮革工芸織物工芸などが盛んにおこなわれ、交易品として使用されている。

外部リンク[編集]

  • ^ 「ニジェール 独立50年の全体像」p23-24 小倉信雄・久保環著 東京図書出版 2013年5月23日初版発行