カイ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カイ州
‎La région de Kayes
位置
Mali - Kayes.svg
マリ共和国におけるカイ州(塗りつぶし部)。
管理
: {{{国}}}
州都: カイ (マリ)
知事: バンディオグー・ディアワラ(Bandiougou Diawara)(2009年 - )
: 7
コミューン: 129
人口統計
人口(2009年)
 • 人口密度:
1,996,812人
 • 17人/km²
地理
面積: 120,760 km²
等時帯: WATUTC+0
ISO 3166-2: ML-1
テンプレートを表示

カイ州(カイしゅう、フランス語: La région de Kayes)はマリ共和国第1の州[1]面積は120,760km²。州都はカイ

歴史[編集]

カイ州は19世紀初頭、カッソ王国英語版の根拠地であった。

1855年、セネガル知事・ルイ・フェデルブメディナに砦を築いた。1857年のカッソとフランスの戦争の際、この砦はエル・ハジ・オマル・タルに包囲された。

1892年、カイはフランス領スーダン首府となった。1904年ダカール・ニジェール鉄道が敷設された際、カイを経由して作られた。当時の住民の生活に鉄道が重要な地位を占めていた様子が、ウスマン・センベーヌ1960年に発表した小説『Les bouts de bois de Dieu』に表現されている。

地理[編集]

カイ市内

カイ州は北をモーリタニア、西をセネガル、南をギニア共和国と国境を接し、東はクリコロ州と州境を接している。の北に隣接している。1,506,299の人口を有し、ソニンケ族カソンケ族マリンケ族プル族が多くを占める。ボーレ川バフィン川バコイ川等の川があり、バフィン川とバコイ川はバフーラベで合流してセネガル川となる。フェルー滝(カイエから4km)、ギナ滝(カイエから南東100km)、タラリ峡谷マギ湖ドロ湖等の河川地形や湖沼を見ることができる。ギニア国境付近は多湿であり、スーダンの南限及びサヘルの北限となった。

バフィン国立公園及びブクル・デュ・ボーレ国立公園が州内にある。

下部行政区画[編集]

カイ州の

カイ州は7つの圏(Cercle)に分かれている。

  1. カイ圏 --- カイサディオラ英語版
  2. バフーラベ圏 --- バフーラベ英語版
  3. ケニエバ圏 --- ケニエバ英語版
  4. キタ圏 --- キタ
  5. ディーマ圏 --- ディーマ英語版
  6. ニオロ・デュ・サエル圏 --- ニオロ・デュ・サエル
  7. イェリマネ圏 --- イェリマネ英語版

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CIA The Woridfactbook2000/Mali(英語),2011-02-14閲覧。

関連項目[編集]

ギナ滝