ムクゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムクゲ
Hibiscus syriacus
Hibiscus syriacus
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類II eurosids II
: アオイ目 Malvales
: アオイ科 Malvaceae
亜科 : アオイ亜科 Malvoideae
: フヨウ連 Hibisceae
: フヨウ属 Hibiscus
: H. sect. Hibiscus
: ムクゲ H. syriacus
学名
Hibiscus syriacus
L. (1753)[1]

ムクゲ(木槿、学名: Hibiscus syriacus)はアオイ科フヨウ属落葉樹。別名ハチス[1]、もくげ。庭木として広く植栽されるほか、茶花としても欠かせないである。

和名は、「むくげ」。「槿」一字でも「むくげ」と読むが、中国語の木槿(ムーチン)と書いて「むくげ」と読むことが多い。また、『類聚名義抄』には「木波知須(きはちす)」と記載されており、木波知須や、単に波知須(はちす)とも呼ばれる。『万葉集』では、秋の七草のひとつとして登場する朝貌(あさがお)がムクゲのことを指しているという説もあるが、定かではない。白の一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから、「宗丹木槿(そうたんむくげ)」とも呼ばれる。

中国語では「木槿/木槿」(ムーチン)、韓国語では「무궁화」(無窮花; ムグンファ)、木槿;モックンという。英語の慣用名称の rose of Sharonヘブライ語で書かれた旧約聖書雅歌にある「シャロンのばら」に相当する英語から取られている [2]

形態・生態[編集]

栽培されているものはよく剪定されてしまうため、高さは3〜4mくらいのものが多く、灌木であると誤解されがちである。放置すると10m以上の高木になることもある。[要出典]東京、名古屋では、街路樹や公園などに広く植えられていて、特に、東京都江東区の夢の島公園には、大木になった高さ10m以上の大きなむくげ(もくげ)が多数植えられている。

夏からにかけて白、紫、赤などの美しいをつける。花期は7〜10月。花の大きさは10〜18cmほど[要出典]で、花芽はその年のから秋にかけて伸長した枝に次々と形成される。白居易の誤訳から一日花との誤解があるが、花が開き、夕方にはしぼんで、また翌朝開くものもあるが、たいていはそのまま翌日も開花し続け、一重のもので2〜3日、八重の長く咲くもので2週間くらい一輪の花を楽しめる[要出典]。ムクゲはフヨウと近縁であり接木が可能。

園芸品種[編集]

ムクゲには多数の園芸品種が存在する。

  • 宗旦(そうたん) - 茶花として良く利用される。花は白地に赤である。
  • 日の丸(ひのまる) - 白地に底赤で、一重の大輪。これは宗旦に含められることもある。
  • 白一重(しろひとえ)
  • 大徳寺一重(だいとくじひとえ)
  • 大徳寺花笠(だいとくじはながさ)
  • 赤花笠(あかはながさ)
  • 白花笠(しろはながさ)
  • 角倉花笠(すみのくらはながさ)
  • 光花笠(ひかりはながさ)
  • きじばと
  • 赤祇園守(あかぎおんのまもり)
  • 白祇園守(しろぎおんのまもり) - 八坂神社の代用とされる白祇園守は内弁があり、半八重咲と称する。この品種は、御茶事の花、生け花として、もとは源氏武士の間で広く栽培されていた。
  • 紫盃(しはい)
  • 大紫盃(だいしはい)
  • 夏空(なつぞら)
  • シングルレッド
  • ブルーバード
  • レインボー
  • ピンク・デライト
  • レッド・ハート

分布[編集]

インド中国が原産で、中近東でも、カイロ、ダマスカス、テルアビブなどの主要都市で庭木や公園の樹木として植えられているのを良く見かける。日本へは奈良時代に中国から渡来し、和歌山県山口県に野生のムクゲがあったとされる[要出典]

人間との関わり[編集]

が横に広がらないため、比較的狭い場所に植えることができる。刈り込みにもよく耐え、新しい枝が次々と分岐する。そのため、垣根に利用されることもある。日本では、夏の御茶事の生け花として飾られたりする。

樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)という生薬である。抗菌作用があり、胃腸薬水虫など皮膚炎の薬に配合される。花を乾燥したものは木槿花(もくきんか)という生薬である。皮膚炎、胃腸炎下痢止め等に用いる。

韓国の国花で、国章にも意匠化されており、ホテル格付けなどの星の代わりにも使用されている。古くは崔致遠謝不許北国居上表」に、9世紀末の新羅が自らを「槿花郷」(=むくげの国)と呼んでいたことが見える。日本では、北斗市清里町壮瞥町の花・木にも指定されている。

文化の中のムクゲ[編集]

初期の華道書である「仙伝抄(1536年)」では、ムクゲはボケヤマブキカンゾウなどとともに「禁花(基本的には用いるべきではない花)」とされ、「替花伝秘書(1661年)」「古今茶道全書(1693年)」でも「きらひ物」「嫌花」として名が挙がっている。ほか「立花初心抄(1677年)」「華道全書(1685年)」「立華道知辺大成(1688年)」では「一向立まじき物」「一向立べからざる物」としてムクゲの使用を忌んでいる。「池坊専応口伝(1542年)」「立花正道集(1684年)」「立花便覧(1695年)」などではいずれも祝儀の席では避けるべき花として紹介されているが、「立花正道集」では「水際につかふ草木」の項にも挙げられており、「抛入花伝書(1684年)」「立華指南(1688年)」などでは具体的な水揚げの方法が記述され禁花としての扱いはなくなっている。天文年間(1736-1741)の「抛入岸之波」や生花百競(1769年)では垂撥に活けた絵図が掲載される一方で、1767年の「抛入花薄」では禁花としての扱いが復活する[3]など、時代、流派などによりその扱いは流動的であった。江戸中期以降は一般的な花材となり、様々な生け花、一輪挿し、さらには、枝のまたの部分をコミに使用して、生け花の形状を整えるのに使われてきた。茶道においては茶人千宗旦がムクゲを好んだこともあり、花のはかなさが一期一会の茶道の精神にも合致するとされ、現代ではもっとも代表的な夏の茶花となっている。

白氏文集の巻十五、放言の「松樹千年終是朽 槿花一日自成栄」(松の木は千年の齢を保つがいずれは朽ち、ムクゲの花は一日の命だがその生を大いに全うする)の文句でもよく知られる。この語句が「わずか一日のはかない栄え」の意に取られて、「槿花一日の栄」「槿花一晨の栄え」「槿花一朝の夢」といったことわざをも生んだ。

俳句では季語である。俳諧師の松尾芭蕉1684年貞享元年)『野ざらし紀行』の旅で、「道のべの 木槿(もくげ)は馬に くはれけり」という句を詠んでおり、栃木県下都賀郡野木町友沼にある法音寺に芭蕉の句碑として残されている。同じく俳諧師の小林一茶も、「それがしも 其(そ)の日暮らしぞ花木槿」という句を詠んだ。

江戸時代後期の歌人香川景樹は『桂園一枝』にて、「生垣の 小杉が中の 槿の花 これのみを 昔はいひし 朝がほの花」と詠んでおり、「槿」は「あさがほ」と読ませた[4]明治から大正にかけて、アララギを代表した斎藤茂吉は第二歌集『あらたま』で、「雨はれて心すがしくなりにけり窓より見ゆる白木槿(しろむくげ)のはな」という歌を詠んだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Hibiscus syriacus L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年8月9日閲覧。
  2. ^ 雅歌第2章第1節「私はシャロンのばら、野のゆり。」(新共同訳聖書); Song of Solomon 2:1 “I am a rose of Sharon, a lily of the valleys.”(新改訂標準訳聖書 New Revised Standard Version)。
  3. ^ 華道沿革研究会編 『花道古書集成 第一期第一卷』『花道古書集成. 第一期第二卷』『花道古書集成. 第一期第三卷』1930-1931年
  4. ^ 古井由吉の小説『槿』は「あさがお」と読む。なお、ワープロによっては「むくげ」で「槿」と出る。

参考文献[編集]

  • 茂木透写真 『樹に咲く花 離弁花2』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、546頁。ISBN 4-635-07004-2
  • 林将之 『樹木の葉 : 実物スキャンで見分ける1100種類 : 画像検索』 山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2014年、489頁。ISBN 978-4-635-07032-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]