崔致遠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
崔致遠
Choe Chiwon.jpg
崔致遠の画像
各種表記
ハングル 최치원
漢字 崔致遠
発音 チェ・チウォン
日本語読み: さい ちえん
ローマ字 Choe Chiwon
テンプレートを表示

崔 致遠(さい ちえん、858年 - ?)は、新羅末の文人。は海夫[1]は孤雲、海雲。

868年、12歳のとき商船によりに留学した。874年科挙に及第。まもなく黄巣の乱が起こると、高駢の黄巣討伐軍に参加しすぐれた檄文[2]や上奏文を書いて文名をあげた。884年、国信使として新羅に帰国すると「侍読兼翰林学士・守兵部侍郎・知瑞書監」に任ぜられたが、理想を果たすことができなかったために都を出て大山郡(忠清南道扶余郡鴻山面)や富城郡(忠清南道瑞山市瑞山邑)の太守を経た。新羅末期の乱世にあって志を進めることができず却って咎められることが多く、不遇を嘆いて官を辞した。その後は山林の麓や海浜を流浪し、高台を作ったり植林をしながら気の向くままに書籍を読み風景を詩に詠んだりしてすごした。晩年は海印寺慶尚南道陜川郡伽耶面)に隠棲したと言われる。

多くの優れた漢文漢詩を残し、高麗顕宗14年(1023年)には文昌侯に追封され、李氏朝鮮時代に朝鮮漢文学の祖として孔子を祀る文廟に合祀された。

釜山の観光地である海雲台の名は、崔致遠が立ち寄って景観を眺めるために展望台を築いたことに由来する。

著作[編集]

新羅に帰国後に自ら編纂した詩文集である『桂苑筆耕集』20巻(886年成書)がある。この書物は中国にも伝わったらしく、『新唐書芸文志に記載されている[3]。現存する朝鮮最古の文集であるのみならず、唐末の混乱を伝え、中国史上も重要な書物である。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 徐有榘「校印桂苑筆耕集序」 『桂苑筆耕集校注』p5
  2. ^ 『桂苑筆耕集』巻11 檄黄巣書
  3. ^ 『新唐書』芸文志四「崔致遠『四六』一巻、又『桂苑筆耕』二十巻。高麗人、賓貢及第、高駢淮南従事。」