ボケ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボケ
ボケ
満開のボケの花(2007年4月13日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : サクラ亜科 Amygdaloideae
: リンゴ連 Maleae
: ボケ属 Chaenomeles
: ボケ Chaenomeles speciosa
学名
Chaenomeles speciosa
(Sweet) Nakai[1]
シノニム

Chaenomeles lagenaria Koidz.[2]

英名
flowering quince

ボケ(木瓜、学名: Chaenomeles speciosa[3]は、バラ科ボケ属落葉低木日本に自生するボケは、クサボケといわれる同属の植物。

名称[編集]

果実に似ており、になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも[4]、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したとも言われる。『本草和名』(918年)には、果実の漢名を木瓜(もくか)、和名を毛介(もけ)として登場する[4]

学名のspeciosaは、「美しい」「華やか」、Chaenomelesは「chaino(大きく裂けた)+melon(リンゴ)」が語源だが、現実に実は裂けないので、勘違いしてつけられた属名だと思われる[要出典]。中国植物名(漢名)は、貼梗海堂(ちょうきょうかいどう)[5]

花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」。

分布・生育地[編集]

原産地は中国大陸で、日本へは古く平安時代に渡来し、観賞用に栽培された帰化植物である[6]本州から四国九州にかけて植栽、または自生。温暖地でよく育ち、北海道南部では種類が限定される。木瓜の名所としては、鎌倉市の九品寺が知られる。

形態・生態[編集]

落葉低木[6]、樹高は1 - 2メートル (m) [4]は叢生してよく枝分かれし[6]、若枝は褐色があり、古くなると灰黒色。樹皮は縦に浅く裂け、小枝はとなっている[4]

は長楕円形から楕円形で互生する[6]。葉身は長さ5 - 9センチメートル (cm) で、鋭頭でまれに鈍頭、基部はくさび形で細鋭鋸歯[6]。葉の付け根に腎臓形の托葉がつく[6]

は3 - 4月に葉が芽吹くよりも先に、朱色の5弁花を咲かせる[4][6]。短枝の脇に数個つき、径2.5 - 3.5 cm。様々な品種があり、花色は淡紅、緋紅、白と紅の斑、白などがあり、雄性花と雌性花がある[6]。秋に結実する果実は楕円形で、直径は約3 cmほど[4][6]果皮は黄色味を帯びて落果する[6]

同類種に栽培種で中国産のカリン、野生種で日本産のクサボケがある[4][6]

栽培[編集]

庭園樹としてよく利用され、添景樹として花を観賞する目的で植栽される。鉢植えにして盆栽にも用いられる[6]。好陽性で土壌を選ばず、排水性が良く、やや乾燥地を好む[6]。繁殖は実生挿し木株分けで行われる[6]。実生は果実を割って種を取り出し、洗って床蒔きする[6]。挿し木と株分けは、春の芽吹き前に行う[6]移植は容易だが、大気汚染潮害にはさほど強くない。

利用[編集]

果実にはクエン酸酒石酸リンゴ酸などの有機酸類と果糖が含まれていて、有機酸類には制菌作用があるとされ、腸内が酸性化するほど多く内服すると、細菌は弱アルカリ性(pH7以上)で繁殖するため増殖を止める働きがあるといわれる[4]。また、有機酸類には鉄分の吸収促進に役立つとも考えられている[4]

果実は木瓜(もっか)と称される生薬になり、8 - 9月ごろの落果する前の青い未熟果実を採取して、水洗い後に輪切りにして天日乾燥して調製される[4][5][6]。補血、強壮、疲労回復、咳止め食あたりのほか、筋肉のひきつり(こむらがえり)、暑気あたりに効用があるといわれ、乾燥果実1日量5 - 10グラムを水200 - 600 ccにて半量になるまで煎じて、3回に分けて服用する用法が知られている[5][6]。ただし、胃腸に熱があるときは禁忌とされる[5]

また、ボケ酒と呼ばれる果実酒にすることもあり、果実の2 - 3倍量のホワイトリカーまたは35度の焼酎に漬け込んで、冷暗所に半年から1年置いて作られる[4][6]。果実酒にも疲労回復、滋養保険、低血圧、不眠症などの薬効があるので、就寝前に盃1杯ほど服用される[4]

クサボケ[編集]

クサボケ(草木瓜、学名Chaenomeles japonica: Japanese quince)は、バラ科ボケ属の一つ。50cmほど。実や枝も小振り。ボケの野生種で、和名の由来は全体に小型のため草に見立てられて名付けられた[4]。シドミ、ジナシとも呼ばれる。

本州や四国の日当たりの良い斜面などに分布。花は朱赤色だが、白い花のものを白花草ボケと呼ぶ場合もある。果実はボケやカリン同様に良い香りを放ち、果実酒の材料として人気がある。また果実にボケ同様の薬効があり、日本産の意で和木瓜(わもっか)と称される生薬となり、木瓜(もっか)と同様に利用される[4][5][6]。果実酒はクサボケ酒と呼ばれ、果実の3倍量の焼酎に漬け込まれて作られる[4]。減少傾向にある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Chaenomeles speciosa”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年4月5日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Chaenomeles lagenaria”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年4月5日閲覧。
  3. ^ ウメにちょっと似ている花。トゲがあるので注意。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 田中孝治 1995, p. 159.
  5. ^ a b c d e 貝津好孝 1995, p. 171.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 馬場篤 1996, p. 104.

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、171頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、104頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、159頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 林将之『葉で見わける樹木 増補改訂版』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、2010年、62-63頁。ISBN 978-4-09-208023-2
  • 茂木透写真『樹に咲く花 離弁花1』高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、645頁。ISBN 4-635-07003-4


関連項目[編集]

外部リンク[編集]