雅歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雅歌[1](がか、ヘブライ語: שיר השירים‎ Šīr-hašŠīrīm シール・ハッ=シーリーム、: Hohes Lied: Song of Songs あるいは the Song of Solomon)はヘブライ聖書の中の一編。「雅歌」とは原文では「歌の中の最高の歌」という意味である。[2]

男女のの歌であり、ユダヤ教では「諸書」のうちに入る。キリスト教では伝統的に預言書の前に置かれる。恋愛と男女の賛美を歌い上げる詩であるため、扱いをめぐって古くから議論が絶えなかったが、さまざまな経緯を経て正典におさめられた。「イスラエル民族と神の関係」として解釈するのがユダヤ教元来の解釈であるが、キリスト教の置換神学などに多く見られるのは、比喩的に解釈して「キリスト教会の関係」を歌う歌であるとするものである。また、これが実話であり、それが教会あるいはイスラエルと神の関係を比喩的に表す「型」であるという解釈などもある。

1:1に「ソロモンの雅歌」として、ソロモン王の作であるとされる。また,登場する「シュラムの女」の「シュラム」はソロモンの女性形である[2]。内容は花嫁と花婿の詩、娘たちの合唱などが組み合わされている。

  • 牧歌1: 結婚式当日(1:2~2:7)
  • 牧歌2: 婚約時代(2:8~3:5)
  • 牧歌3: 結婚式の描写(3:6~5:1)
  • 牧歌4: 性的関係のずれ(5:2~6:9)
  • 牧歌5: ガリラヤへの帰省(6:10~8:14)

以上のような区分けをすることができるとされる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 新世界訳聖書は、「ソロモンの歌」。
  2. ^ a b 60分でわかる旧約聖書(22)雅歌” (日本語). メッセージステーション. 2020年8月27日閲覧。

関連項目[編集]