ミゲル・ソコロビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミゲル・ソコロビッチ
Miguel Socolovich
アトランタ・ブレーブス (マイナー)
Miguel Socolovich 7-27-2012.jpg
オリオールズ時代(2012年7月27日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 首都地区ミランダ州カラカス
生年月日 (1986-07-24) 1986年7月24日(32歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2012年7月14日
NPB / 2013年5月6日
最終出場 NPB / 2013年
年俸 3,000万円(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ミゲル・A・ソコロビッチMiguel A. Socolovich, 1986年7月24日 - )は、ベネズエラミランダ州カラカス出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBアトランタ・ブレーブス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2004年1月10日にアマチュア・フリーエージェントでボストン・レッドソックスに入団。

2008年1月28日デビッド・アーズマとのトレードで、ウィリー・モタと共にシカゴ・ホワイトソックスに移籍。それぞれのマイナーチームでプレーした。

2011年11月2日FAとなった。

オリオールズ時代[編集]

2011年11月22日ボルチモア・オリオールズと契約。

2012年7月14日にメジャーデビューを果たす。

カブス時代[編集]

2012年8月23日ウェイバー公示を経てシカゴ・カブスへ移籍した。オフの11月3日にFAとなった。

広島時代[編集]

2012年11月13日広島東洋カープとの契約が大筋で合意していることが明かされた[1]。そして同年12月18日、正式に獲得を発表した。背番号は58[2]2013年シーズンは、5月に右肩に違和感を訴えて登録を抹消。その後、キャム・ミコライオの怪我によって8月頭に一軍に復帰。しかし、8月末に再び右肩に違和感を訴えて登録を抹消。そのままシーズンを終えた。この怪我のため、一軍では中継ぎで11試合の登板に終わり、11月6日に自由契約公示された[3]

メッツ傘下時代[編集]

2013年11月21日ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ[4]

2014年はメジャーでの登板は無く、傘下のAAA級ラスベガス・フィフティワンズでプレーした。

カージナルス時代[編集]

2014年11月11日セントルイス・カージナルスとマイナー契約を結んだ。

2015年5月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした。この年は3年ぶりにメジャーの舞台に上がり、28試合にリリーフ登板して4勝1敗・防御率1.82・WHIP1.18という成績を残した。29.2イニング投げて許したホームランは1本だけだった。

2016年は15試合のみに登板して1勝、防御率2.00だった。

2017年5月27日DFAとなり[5]、29日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズへ配属された。オフの11月6日にFAとなった[6]

ブレーブス時代[編集]

2017年11月16日アトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ[6]

2018年3月30日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[7]。リリーフ1試合に登板して無失点だったが、4月2日にDFAとなり、5日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級グウィネット・ストライパーズへ配属された[8]4月21日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]4月26日に再び40人枠を外れる形でAAA級グウィネットへ配属された[10]5月30日に三たびメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]6月3日に三たび40人枠を外れる形でAAA級グウィネットへ配属された[11]

投球スタイル[編集]

ゆったりとした始動から、小さなテークバックでボールが見えにくい投球フォームが特徴。持ち球は150km/h超のストレートツーシームに加え、スライダーチェンジアップ[12]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 BAL 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 47 10.1 11 2 6 0 0 6 0 1 8 8 6.97 1.65
CHC 6 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 25 6.0 4 1 3 0 0 6 0 0 3 3 4.50 1.17
'12計 12 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 72 16.1 15 3 9 0 0 12 0 1 11 11 6.06 1.47
2013 広島 11 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 42 11.1 6 0 4 0 0 6 0 1 3 1 0.79 0.88
2015 STL 28 0 0 0 0 4 1 0 1 .800 125 29.2 25 1 10 1 0 27 1 0 7 6 1.82 1.18
2016 15 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 64 18.0 5 2 5 0 0 16 0 0 4 4 2.00 0.56
2017 15 0 0 0 0 0 1 1 0 .000 87 18.2 27 4 4 0 2 14 0 0 20 18 8.86 1.66
MLB:3年 70 0 0 0 0 5 2 1 2 .714 348 82.2 72 10 28 1 2 69 1 1 42 39 4.25 1.21
NPB:1年 11 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 42 11.1 6 0 4 0 0 6 0 1 3 1 0.79 0.88
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 58(2012年 - 同年途中、2013年)
  • 47(2012年途中 - 同年終了)
  • 63(2015年 - 2017年)
  • 48(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ 広島 MAX150キロ超右腕獲得へ セットアッパー期待”. スポニチ Sponichi Annex (2012年11月13日). 2012年11月17日閲覧。
  2. ^ 広島がソコロビッチ獲得スポーツナビ、共同通信、2012年12月18日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 2013年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月6日閲覧。
  4. ^ Mets sign righty Socolovich to Minors deal MLB.com
  5. ^ News Release”. Twitter.com (2017年5月27日). 2017年5月28日閲覧。
  6. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2018年6月3日閲覧。
  7. ^ Mark Bowman (2018年3月31日). “Flowers put on DL; Suzuki exits after HBP” (英語). MLB.com. 2018年4月14日閲覧。
  8. ^ David O'Brien (2018年4月6日). “Stewart outrighted to Triple-A, Suzuki returns to lineup” (英語). The Atlanta Journal-Constitution. 2018年4月14日閲覧。
  9. ^ Aimee Sachs (2018年4月21日). “Flowers to begin rehab assignment this week” (英語). MLB.com. 2018年4月23日閲覧。
  10. ^ Steve Adams (2018年4月27日). “Outrighted: VerHagen, Socolovich”. mlbtraderumors.com. 2018年4月29日閲覧。
  11. ^ Mark Bowman (2018年6月3日). “Gohara returns after being with ailing mother”. MLB.com. 2018年6月4日閲覧。
  12. ^ 広島・ソコロビッチ 投球フォームは摂津似 阪神007も警戒”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月4日). 2013年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]