マツダ・T600

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マツダT600

マツダ・T600は東洋工業(現マツダ)が、かつて生産・販売していた小型三輪トラック(オート三輪)である。

歴史[編集]

  • 1959年(昭和34年)6月、K360の荷台長と排気量を拡大したモデルとして発売。
  • 1962年(昭和37年)、K360と同様のマイナーチェンジ。
  • 1964年(昭和39年)、マイナーチェンジ。これもK360同様、屋根がスチール化される。
  • 1970年(昭和45年)9月、生産終了。在庫対応分のみの販売となる。
  • 1971年(昭和46年)3月、販売終了。

なお、この車両とK360、及びマツダ・B3601960年代ミャンマーに輸出され、その後は1990年代中期頃まで現地生産が行われていたため、ミャンマー国内では現在でも現役の車両が多数見られるという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]