マツダ・T2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホッピーの配送に活躍する、今なお現役のT1500。
マツダ・T2000。T1500とはウィンカーの形状が異なる。

マツダ・T1500およびT2000は東洋工業(現マツダ)が、かつて生産・販売していた小型三輪トラック(オート三輪)である。マツダTシリーズの中では最も人気のある車両である。

歴史[編集]

  • 1957年に3輪トラック発売。
  • 1959年、これまでの空冷2気筒エンジンから水冷4気筒エンジンに変更すると同時に、車名がT1500となる。
  • 1962年小型車枠の拡大に伴い、エンジンの排気量を2.0Lに拡大、T2000となる。T1500のネーミングは弟分のT1100が引き継いだ。
  • 1974年の受注生産打ち切りまで、10年以上生産された。そのため、オート三輪の中では現存数も多い。

特徴[編集]

  • 水冷直列4気筒1985cc、全長6.08m、全幅1.84m、荷台長4.08m
  • 全長6.08mながら最小回転半径5.93mと小回りが利く為、現在でも幅広い分野で活躍している。
  • 三輪トラックでは最速の100km/hを誇る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、マツダ・T2000に関するカテゴリがあります。