マツダ・クラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラフトKRAFT )は、東洋工業(現・マツダ)がロンパー→Dシリーズの後継車として生産していた小型トラック。

ファミリアトラックや、ボンゴトラックと、2トン積みトラック「E2000タイタン」や、ボクサーの間を埋めるポジショニングとなる。

「クラフト」と言う名称は「技巧」を意味する英語(Craft)ではなく、「力強さ」を意味するドイツ語(Kraft)から命名された。

また、クラフトをベースとしたマイクロバスも存在し、パークウェイより下のポジショニングであった。

概要[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]