マツダ・ボクサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボクサーBOXER)は東洋工業(現マツダ)が生産、販売していた中型トラック

概要[編集]

1968年に登場した3.5~4.5t積みのキャブオーバー型中型トラック。直列6気筒のディーゼルエンジンは、英国パーキンス社との共同開発であった。

キャブ前面左右にコーナーウインドーを採用し、視認性を高めていた他、仮眠用ベッドを装備しない代わりに、運転席・助手席共リクライニング式のフルフラットシートも採用していた。

また、韓国起亜自動車でも全く同じ名称でライセンス生産されていた。

歴史[編集]

  • 1969年10月 登場。エンジンは3783cc直列6気筒ディーゼル・110PSのYA型を搭載。
  • 1970年3月 ロングボデー、ダンプ、バキュームカーなどを追加。
  • 1972年 ディーゼルエンジンをZB型に改称。
  • 1973年 ZB型ディーゼルエンジンを115PSにアップ。
  • 1974年 タイタンの3.5t積の拡充に伴い、車型を4t積に集約。
  • 1975年 パーキンス社と共同開発の5.5ℓ・145PSのZC型ディーゼルエンジンを搭載するボクサー5500を追加。フロントグリルの色をシルバーに変更。パワーステアリングを標準装備。4.5t積、超ロングボデーを追加。
  • 1980年 昭和54年排出ガス規制実施とタイタン4t積追加に伴い販売終了。

車名の由来[編集]

たくましくて俊敏な犬の「ボクサー」から命名された。

関連項目[編集]