ポテト少年団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポテト少年団
メンバー 中谷貴寛
菊地智義
内藤輝彦
結成年 1999年
解散年 2015年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1999年 - 2015年9月
出身 NSC東京校3期
出会い ライブ
現在の活動状況 解散(菊地はピン、中谷と内藤は引退)
芸種 漫才
ネタ作成者 菊地智義
内藤輝彦
同期 トータルテンボス
永井佑一郎
山田ルイ53世(髭男爵)など
公式サイト ポテト少年団のブログ案内所
テンプレートを表示

ポテト少年団(ポテトしょうねんだん)は、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属だったお笑いトリオ。芸風は主に漫才を行っていた。東京NSC第3期生。顔のパーツモノマネでもおなじみ。2015年9月30日のルミネtheよしもと公演をもって解散[1]

メンバー[編集]

大阪府大阪市出身。ボケ(ポンコツ)。身長171cm、体重60kg。靴のサイズ25.5cm。B型。立ち位置は向かって左。
2015年9月末の解散をもって、芸人も引退[1]
神奈川県横須賀市出身。リーダーでツッコミ。身長178cm、体重65kg。靴のサイズ27cm。O型。立ち位置は中央。
メンバーのなかで唯一、パンクブーブー黒瀬率いる「くろじゅん軍団」のメンバーでない。
解散後は、ピン芸人として活動。2016年からは「キクチウソツカナイ。」に改名。この芸名の名付け親はとにかく明るい安村で、安村ともう一人と3人で食事していた時に芸名について相談を持ち掛け、「これからは誰にも気兼ねしないで嘘をつかずやっていきたい」と菊池が話したことから、安村が直感で決めたものを採用した[2]
  • 内藤 輝彦(ないとう てるひこ、1973年6月27日 - )
神奈川県横須賀市出身。ボケ(ボンクラ)。身長181cm、体重73kg。靴のサイズ27cm。O型。立ち位置は向かって右。
2015年末をもって、芸人を引退。

ネタ[編集]

  • 主に漫才を行っていた。中谷と内藤の行うおかしなシチュエーションに、菊地が振り回されながらメガホンでツッコむスタイルが多い。オチではおかしな設定に中谷が逆ギレし内藤が勝手に締めの挨拶をしようとした後、改めて三人で挨拶をして終わる。漫才の中でコントに入る前に内藤が、これから行われるネタの説明をしたり、中谷がやったギャグの何が面白かったかを説明をすることもある。
  • TVなどではキン肉マンジャッキー・チェンなどの写真をくりぬいて行なう鼻モノマネや、中谷がパーティー用の面白メガネをかける一発ギャグも行なっている。
  • ネタが終わって3人で一礼する時、内藤だけが胸の前で両手を合わせながらお辞儀をする。
  • ネタの前に中谷が「はーい皆さん!おげんこおげんこ、うーん!」というギャグをするのがお決まり。しかしあまり受けたためしがない。このギャグをした後に少し間を空けて菊地と内藤「ねー」と相槌をする。

逸話[編集]

トリオ[編集]

  • 菊地と内藤は「若手芸人が30過ぎているのは…」という理由で、相方の中谷に合わせて75年生まれという設定にしていた時期もあったが、中谷も三十路になってしまったため、最近は年齢設定はあやふや。
  • 地元の同級生だった菊地と内藤でコンビを組んでいた。中谷は兄弟でコンビを組んでいたが、兄が「スタントマンになる」と解散。いくつかのコンビを経て、ポテト少年団に加入した。以前組んでいた8人組ユニットでは、「1番まともだから」という理由でリーダーを担当。その中には、現在フリーで活動するピン芸人スパルタ教育もいた(中谷トリビアより)。
  • 菊地いわく内藤がボンクラ、中谷がポンコツである。
  • 2013年8月放送の『芸人報道』出演時に解散を明言していたが、結局活動を継続していたため、2015年放送の同番組で解散を報告した際には、雨上がり決死隊たちから「解散詐欺」と揶揄された[1]

個人[編集]

中谷[編集]

  • 怪談話が上手く、TV番組「不可思議探偵団」の企画「若手芸人怪談グランプリ」(2010年6月放送)にピンで出場し、一位を獲得した事がある[3]。NSC時代に仲間と5人で近所のホテルに肝試しに行った際のエピソードで、50人中48人が怖いと判定した。ライブなどでも怪談話を多数披露している。

菊地[編集]

  • 高校卒業後は建設会社に就職しており、この時に取得したガス溶接作業者の資格を持っている[4]
  • アイドル研究家で、雑誌などにアイドルウォッチャーとしてコメントすることもある。また、先輩の元カリカマンボウやしろがメインパーソナリティーを務めていた「SCHOOL OF LOCK!」にも出演。最近のオススメは新垣結衣夏帆広瀬すずらで、どちらかと言えば新人女優が好みの対象である[5]。また、「よしもとグラビアエージェンシー」(YGA)の広報部長でもある。
  • 家族と年が離れており、姉が母親の年齢、母親がおばあちゃんの年齢だ、とほかの芸人に突っ込まれることが多い。また、菊地自身は芸人仲間から「おじき」と呼ばれている。
  • 囲碁将棋に厳しい。しかし、囲碁将棋が担当を勤める「あなたの街に"住みます"プロジェクト」の神奈川配信によく出演する。
  • 非常に神経質な性格をしている。

内藤[編集]

  • 名前の由来は、姉が西郷輝彦のファンだったことから。弟ができたら「輝彦って名前にする」と近所に言いふらしていたため、当初予定していた「翼」から、親がなくなく輝彦と名づけた。しかし後日、実は姉がファンだったのは西郷輝彦ではなく、西城秀樹だと発覚した[6]
  • ネタ作成を担当。菊地が清書をする。
    • あるとき菊地に台本を見せたとき、トリオなのに登場人物が5人いたことがある。本人曰く「自分でもよくわからなくなった」らしい。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

新聞連載[編集]

  • 東京スポーツ「勝手にアイドル・ミシュラン!」(東京スポーツ新聞社)菊地のみ

脚注[編集]

外部リンク[編集]