ポップアスリートカップ全国少年野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

学童軟式野球全国大会 ポップアスリートカップ(がくどうなんしきやきゅうぜんこくたいかい ポップアスリートカップ)は、NPO法人ヒーローインタビュー(旧NPO法人全国学童野球振興協会)が主催する参加費無料でエントリー可能なトーナメント方式学童軟式野球の全国大会である。毎年春に開会式を行い、秋~冬に全国大会を開催している。

冠スポンサーは第三回~第五回大会からアディダス・ジャパン株式会社。第六回大会~第十回大会まで株式会社千趣会。第十一回からは読売新聞社。

第一回、第二回大会と星野仙一名誉会長を務めた。第三回大会は大会名誉会長として古葉竹識、大会会長として高代延博が参加している。第四回は大会会長として張本勲、第五回・第六回は矢野燿大、第七回~第九回はアレックス・ラミレスが大会会長を務めた。

第十回大会からは名誉会長星野仙一、大会会長山本昌となっている。

第一三回大会より2018年1月に急逝した星野仙一名誉会長の名前を拝した「ポップアスリート星野仙一杯」に改称している。

読売新聞社(特別協賛)、公益財団法人 全日本軟式野球連盟(後援)、一般社団法人日本プロ野球選手会(後援)など

特色[編集]

チームメンバー管理・チーム内のスケジュール連絡・試合結果管理・対戦相手募集・写真データのアップロードなど、学童野球チームの運営を支援するインターネットコミュニティを利用し、大会エントリーから試合結果入力までを全て上記サイトで行い、リアルタイムに試合結果が分かる仕組みを導入している。

対戦はチーム同士が日程・場所を確定させる自主対戦形式(練習試合形式)。大会の参加費は無料であるが、コミュニティサイトへの登録(無料)が必須である。

歴史[編集]

第1回は146チーム、第2回は416チーム、第3回大会は701チーム、第4回大会は921チーム、第5回大会は1163チーム、第6回大会は1204チーム、第7回大会は1239チーム、第8回大会は1252チーム、第9回大会は1262チーム、第10回大会は1302チームがエントリーした。

  • 2007年度 第1回大会優勝:大阪スラッガーズ(大阪代表) 決勝戦会場:京セラドーム大阪
  • 2008年度 第2回大会優勝:野洲キッドスポーツ少年団(滋賀代表) 決勝戦会場:京セラドーム大阪
  • 2009年度 第3回大会優勝:名古屋平針HBC少年野球クラブ(愛知県:東海地区代表) 決勝戦会場:京セラドーム大阪
  • 2010年度 第4回大会優勝:有松ジュニアーズ(愛知県:東海地区代表) 決勝戦会場:京セラドーム大阪
  • 2011年度 第5回大会優勝:大阪レッドウイン(大阪府:南大阪地区代表) 決勝戦会場:横浜スタジアム
  • 2012年度 第6回大会優勝:六田ファイターズ(愛知県:東海地区代表) 決勝戦会場:明治神宮球場
  • 2013年度 第7回大会優勝:名古屋サウスブロンクス(愛知県:東海地区代表) 決勝戦会場:横浜スタジアム
  • 2014年度 第8回大会優勝:五個荘野球スポーツ少年団(滋賀代表) 決勝戦会場:横浜スタジアム
  • 2015年度 第9回大会優勝:不動パイレーツ(東東京代表) 決勝戦会場:横浜スタジアム
  • 2016年度 第10回大会優勝:不動パイレーツ(前年度優勝) 決勝戦会場:東京ドーム
  • 2017年度 第11回大会優勝:木津ブライト(東海代表) 決勝会場:明治神宮球場
  • 2018年度 第12回大会優勝:みなべ少年野球クラブ(関西代表) 決勝会場:横浜スタジアム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]