ホンビノスガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンビノスガイ
Mercenaria mercenaria.jpg
ホンビノスガイ 千葉県市川市
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 二枚貝綱 Bivalvia
亜綱 : 異歯亜綱 Heterodonta
: マルスダレガイ科 Veneridae
: メルケナリア属 Mercenaria
: ホンビノスガイ M. mercenaria
学名
Mercenaria mercenaria (Linnaeus1758)
シノニム

Venus mercenaria

和名
ホンビノスガイ(本美之主貝)
英名
Hard clam
Northern quahog

ホンビノスガイ: Hard clam学名: Mercenaria mercenaria)は、二枚貝綱マルスダレガイ科の一種。海岸に近い潮間帯の砂や泥の中に生息する。本来の分布海域は北アメリカ大陸大西洋側で、食用になるため、アメリカ合衆国西海岸ヨーロッパ台湾中国などに移入されている[1]。日本の東京湾などにも定着し、漁獲対象になっている(後述)。

名前を漢字で記すと本美之主貝となる。これはローマ神話の美の女神であるウェヌス女神からのエポニムで命名されたビーナス属 Venus に当て字された美之主に由来する(本来は北海道に生息するビノスガイM. stimpsoni)に与えられた名称であった)。現在の学名では当てはまらないように見えるが、和名の命名時には本種がビーナス属に分類されていた。現在はメルケナリア属 Mercenaria に分類が変更されている[2]

別名や通称[編集]

東京湾最奥部(千葉県湾岸部)では大アサリと呼ばれていた。(なお、中部地方沿岸部でよく食用とされる大アサリは、和名ウチムラサキ Saxidomus purpurata であり、別種である。)また、ハマグリの減少に伴い、流通時に白ハマグリオオハマグリと呼ばれる事もあるが、和名シロハマグリは、同じマルスダレガイ科で南米に産する Pitar albidus に割り当てられているため、本種を指して「シロハマグリ」と呼ぶのは誤用である。

食材偽装問題との関連で、消費者に誤解を与えるという理由で、これらの別名や通称は使用せずホンビノスガイ(ホンノビス貝、本ビノス貝とも)と表記するのが一般的となりつつある。

英名はサイズに対応して変化する「出世貝」であり、小さい順に littleneck, topneck, cherrystone と変化し、最も大きいものが quahogs または chowder clam と呼ばれる。

生態[編集]

水管を出すホンビノスガイ
ホンビノスガイ貝殻内面

成貝の殻長は最大で10cm以上になる比較的大型の貝であり、厚く硬い殻の表面には同心円状の肋が表れる。殻の色は生育環境により白っぽいグレーから黒ずんだ色と変化に富む。ハマグリと比較して丸みが強く、左右非対称で、殻頂がやや曲がった形をしている。

分布[編集]

北米大陸の東海岸、カナダプリンスエドワード島から、アメリカ東海岸を経てメキシコ湾にかけて広く分布する。日本にはもともと生息していなかったが、1998年に東京湾の幕張人工海浜(千葉市)で発見された。1999年に京浜運河、2000年に千葉港、2003年に船橋付近、さらには2000年代になって大阪湾で発見されており[3][4][5]、以後、東京湾内や大阪湾内で繁殖している外来種である。原産地である北米大陸から船舶のバラスト水に混ざり運ばれ、東京湾や大阪湾に定着したと考えられている。現時点では在来種への被害報告は無い[6]

漁業[編集]

アメリカでは重要な食用貝であり、広く漁獲対象とされている。特にロードアイランド州では州の貝英語版に選ばれている。

日本では主に、千葉県市川市船橋市地先の三番瀬で漁獲されている[7]また、東京湾最奥部の干潟域では潮干狩りでも採取される。

日本での繁殖が確認されたのが比較的近年で、アサリ漁場に多く生息するため、かつては邪魔者として扱われることが多かった。しかし、食味の良さが注目され、2007年頃から首都圏(2010年代からは京阪神でも)の鮮魚店スーパーなど販売チャネルが拡大し、水産物として採貝される機会が増えた。2013年には漁業権が設定され、2017年には千葉県が「三番瀬産ホンノビス貝」を千葉ブランド水産物に選ぶ[8]までになった。

砂抜きは比較的簡単で、アサリハマグリと同様、暗所で海水程度の塩水に一晩ほど漬けておくことで、ほぼ完全に砂抜きが完了する。

料理[編集]

ニューイングランド風クラムチャウダー
ホンビノスガイのバター蒸し

アメリカ東海岸で好まれ、クラムチャウダーやバターやワイン蒸しとして供される。小ぶりのホンビノスガイは、ニューヨークニュージャージー州にて、西洋わさびを加えたカクテルソースやレモンと共に生食もされる。

食味は良い。ハマグリと同様、日本では焼き貝や酒蒸しなどで調理される。ただし殻が厚いので歩留まりはよくない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mercenaria mercenaria国際連合食糧農業機関(FAO)Fisheries and Aquaculture Department、2017年12月23日閲覧
  2. ^ 「白はまぐり」の正体は? 東邦大学理学部 東京湾生態系研究センター
  3. ^ 「東京湾奥のホンビノスガイ(移入種)について.」、『ひたちおび』第94号、東京貝類同好会、 13-17頁、 ISSN 09121900全国書誌番号:00044923
  4. ^ 西村和久「東京湾奥アサリ漁場に生息するホンビノスガイ(移入種)について」、『日本貝類学会連絡誌・ちりぼたん』第36巻第3号、2005年NAID 110004997585
  5. ^ ホンビノスガイ Mercenaria mercenaria (PDF) 環境省 自然環境局
  6. ^ 海の外来種情報/ホンビノスガイ 海洋生態研究所
  7. ^ ホンビノスガイ (PDF, 92 KiB) 、千葉市。
  8. ^ 平成29年度千葉ブランド水産物の認定について千葉県ホームページ(2017年11月20日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]